ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。

ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。

鯨しかない町を救えるのか

クジラの飼育をしている和歌山県・太地町立くじらの博物館を舞台に、クジラを愛する青年を中心に博物館を盛り上げようとする人びとの奮闘を描いたドラマ。全然訪れる人も増える気配もなく、次々と飼育員も辞めていく太地町立くじらの博物館の館長は、危機的な状況への打開策として、ベテランスタッフからの反対を押し切り、飼育員のリーダーとしてクジラを純粋に愛する青年・鯨井太一を任命する。東京の水族館からピンチヒッターとして博物館へやって来た白石唯や、学芸員の間柴望美など、同僚たちも太一を懸命に支援する。しかし、そのサポートもむなしく、増えることのない来場者の少なさはスタッフたちを悩ませ、打つ手がなくなる。そんな中、太一はスタッフの手作りによる「くじら夢まつり」を開催するアイディアを思いつく。着々と準備を進めるが、開催を目前に控えたある日、イベント中止の危機に直面する。

原題:ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年11月3日 / 上映時間:117分 / 製作会社: / 配給:キュリオスコープ 

【無料動画】

映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』予告

(C)2018映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼無料動画を見る方法▼

社会で生きている人間の葛藤や苦悩を素直に描きだした作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな眩しさも感じられるヒューマンドラマをお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。これはネット配信であり、有名なサービスではありますが、実は他にもメリットがたくさん。出演俳優の関連作を観ておけば、さらに作品にのめり込みやすいときもありますし、似たようなテーマの作品を探して自分の頭のイメージを広げるのも楽しいです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:藤原知之
脚本:菊池誠
撮影:高木風太
音楽:稲岡宏哉

★【キャスト(キャラクター)】
矢野聖人(鯨井太一)、武田梨奈(白石唯)、岡本玲間(柴望美)、末野卓磨、秋吉織栄、長濱慎、葉山昴、斉藤佑介、彩羽、ねりお弘晃、すわいつ郎、高山璃子、飯田祐真、松永有紗、丹羽紀元、宮島小百合、柳橋さやか、木元としひろ、本谷紗己、清水理子、山本瑠香、相沢まき、近藤芳正、鶴見辰吾

★【感想・批評】

●無料ホームシアター  
ご当地ローカル映画かなと思いあまり期待してませんでしたが、構成はしっかりしているし、かなりピュアな思いが伝わる映画でした。なにより役者がいいですね。新人っぽさがある主人公のキャスティングもいいし、それを脇で支える女性陣のたくましい活躍も良かった。たぶんこのキャストじゃないと映画の魅力は大きく半減していたと思います。おそらくマイナーで見ている人も少ない映画だと思いますが、これは一度目にしてほしいと思います。
●映画フリー 
昔から捕鯨で全国的に知られた町で、歴史もある太地町。その町は反捕鯨のドキュメンタリー映画「ザ・コーブ」で取り上げられて以降、全く別の形で世界から注目されてしまうのでした。それはクジラを殺戮しているという厳しい批判。この映画は明らかにそれに対する、町のイメージアップのために作られた作品であり、そのため結構露骨に町の良さをアピールします。日本の地方のマイナスな側面を描くことをメインにはしていません。
●VIDEOEYNY 
私たちの町は良いところです!なメッセージいっぱいのムービーでした。根底には反捕鯨的な世界的世論に対する問題とかを意識しているのでしょう。ただ、その世界に訴えるような力は本作には残念ながらないでしょう。やっぱり賞をとれるくらいしっかりしていないとね。本音を言えば、イルカ漁とかにも向き合って、その町の本質にあえてストレートに映像化しないと、良い部分だけでオブラートに包んだだけの作品になってしまうなとも心配。