判決、ふたつの希望

判決、ふたつの希望

アカデミー賞で大絶賛。謝罪だけが欲しかった

キリスト教徒であるレバノン人男性とパレスチナ難民の男性との口論が裁判沙汰となり、やがて全国的な事件へと発展していく様子を描き、第90回アカデミー賞でレバノン映画として初めて外国語映画賞にノミネートされたドラマ。レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人の現場監督ヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れという些細なトラブルをめぐって諍いを起こす。このときヤーセルがふと漏らした悪態はトニーの猛烈な怒りを買い、ヤーセルもまたトニーのタブーに触れる “ある一言”に尊厳を深く傷つけられ、ふたりの対立はその場で収まらずに法廷へ持ち込まれる。

原題:L’insulte(The Insult) / 製作:レバノン・フランス(2017年) / 日本公開日:2018年8月31日 / 上映時間:113分 / 製作会社: / 配給:ロングライド 

【無料動画】

8月31日(金)公開『判決、ふたつの希望』日本版予告

8月31日(金)公開『判決、ふたつの希望』日本版予告

(C)2017 TESSALIT PRODUCTIONS – ROUGE INTERNATIONAL – EZEKIEL FILMS – SCOPE PICTURES – DOURI FILMS


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼無料動画を見る方法▼

社会派ドラマと呼ばれるような歴史や問題を問うようなシリアスな作品は勉強にもなる映画ジャンルです。そんな作品を堪能したいのであれば、動画配信サービスでじっくり楽しむのがオススメです。ネット配信作品として扱われているものを自由に鑑賞し、スマホやパソコンなど視聴スタイルも選べるのは、DVDなどではありえないこと。加えて、安定した再生環境とダウンロード機能も搭載したものもあるので、デメリットも目立ったものはありません。

これらサービスには無料お試しキャンペーンがあります。つまり期間内であれば無料で動画の視聴が可能になります。どれくらいの作品数を見れるかはそのときどきで変わってきますが、お得であることには変わりありません。解約自体は簡単にできますし、退会しても期間内であれば料金の請求はないので安心してください。

配信された場合に動画配信サービスで視聴したいところですが、問題となるのはどのVODで観ることができるかということ。VODは実にたくさんの企業が展開しており、目移りします。そこでこのページでは配信しているVODを整理してまとめています。情報は適宜更新し、配信状況は新しいものに変わっていくので、参考にしてください。

『判決、ふたつの希望』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジアド・ドゥエイリ
脚本:ジアド・ドゥエイリ、ジョエル・トゥーマ
撮影:トマソ・フィオリッリ
音楽:エリック・ヌブー

★【キャスト(キャラクター)】
アデル・カラム(トニー・ハンナ)、カメル・エル・バシャ(ヤーセル・サラーメ)、リタ・ハーエク(シリーン・ハンナ)、クリスティーン・シュウェイリー(マナール・サラーメ)、カミール・サラーメ(ワジュディー・ワハビー)、ディアマンド・アブ・アブード(ナディーン・ワハビー)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.7/1089%72
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第90回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート。第74回ベネチア国際映画祭でボルピ杯(最優秀男優賞)を受賞。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
思った以上にエンタメ度合いが高くて面白さにワクワクしてしまった。堅苦しそうな見た目に騙されないでほしい。つまらないだろうなんて憶測で判断してはいけない。この作品の仕掛けに気づけば、そんなことを言ったら大きな後悔を残すことになる。これは痛快な法廷劇なのだ。主張の勝負、思想のぶつかり合い、思考の戦略戦、駆け引きの連続。やがて明らかになるのは社会のほつれ。そこにあるのはどの国も抱える狂ったシステムなのだ。
●映画フリー 
相手を理解するということは非常に難しい。なにせ他人だ。考え方は違う。辿ってきた人生も環境も付き合いも異なれば、合わないのは当然になってしまう。しかし、それでも直面するのが社会の決まり。そこで向き合うことになる。この映画はそれを描いた一作。日本でもこの作品と同じようなことが起こりうるやもしれない。レバノン、パレスチナ問題について理解していると解釈も進みやすいので、そこのところは事前学習が必須かもしれない。
●STREAMANGO 
「ただ、謝罪だけが欲しかった」この宣伝はミスリードなのか。実は、パレスチナ難民とレバノン人の民族間の根深い争いが背景にしっかりとドテンと横たわる。二人の男が頑ななのも、互いの悲劇的な歴史に明確に起因するが、一瞬見えてこない。そうしたことが裁判の中で次々明らかになるので、そのカタルシスはある。スリリングでありながら、民族紛争の困難さを映し出した見事な内容で、上手いなと感心してしまった。これが脚本の妙なのか。
●VUDU
なるほどね。そういうことか。教科書やニュースでしか知らない様な他人事だと思っていた出来事が、現在も世界で跡形を残してハッキリ存在していることをまざまざと恥ずかしいと思ってしまうほど思い知らされる。宗教やバックグラウンドの対立、多様性を受け入れない「異質」なものの無慈悲な淘汰、個人をその人の人格ではなく「宗教」「国籍」など貼り付けた厳しいレッテルで断定するような決めつけること。私たちもやっていないだろうか。