詩季織々(しきおりおり)

詩季織々

「君の名は。」製作スタジオが贈る3つの物語

新海誠監督作品で一躍有名になったアニメーション制作スタジオのコミックス・ウェーブ・フィルムが手がけ、日本・中国の3人の若手クリエイターが監督を務めたオムニバスアニメ。発展を続ける中国のアニメ業界を牽引するブランド「ハオライナーズ」の代表を務めるリ・ハオリン総監督のもと、中国のライフスタイルの基本となる「衣食住行」を共通テーマに、大切な思い出を抱えながら大人になった若者たちの過去と現在を紡いでいく。「ストームブレイカーズ 妖魔大戦」など実写作品を手がけてきたイ・シャオシン監督が自身の思い出をノスタルジックにつづった「陽だまりの朝食」、CGチーフとして新海監督作品を長期のパートナーとして支え続けてきた竹内良貴の劇場公開初監督作「小さなファッションショー」、ハオリン監督が「秒速5センチメートル」にリスペクトとオマージュを捧げた「上海恋」の3作品で構成。

原題:詩季織々 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年8月4日 / 上映時間:74分 / 製作会社: / 配給:東京テアトル 

【無料動画】

『詩季織々』 予告篇

『詩季織々』 予告篇

(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ 


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼無料動画を見る方法▼

アニメーション作品はたくさんの種類がありますが、そのなかでも美しい映像をメインにした作品はとても見ごたえがあります。そんな至極のアニメをじっくり鑑賞したいときは、動画配信サービスがオススメです。一番の嬉しいポイントは家でゆったり見られること。邪魔も入らず、スマホやパソコン、テレビで好きな作品を好きなだけ視聴できるのは最高の体験です。さらにダウンロード機能もあるサービスもあるので、通信量を気にする必要性はなし。

しかも、これらのサービスは、無料お試しキャンペーンが用意されており、自由に鑑賞しながらも期間中はお金の請求なしで利用できるという、ユーザーにとってこれ以上ない幸せな特典があります。もちろん、期間中に解約することもできます。そのまま退会すれば、作品を観てもタダです。退会は簡単なステップで実施できますし、登録も気軽に試すことができます。

ネット配信がスタートしたときは、たくさんあるVODの中から、どれで自分の見たい作品を扱っているのか判断して確認する必要があります。その時は、このページで整理されているVODを参考にしましょう。フリムビ2では視聴可能なVODを整理して、情報を適宜更新してまとめています。レコメンドされているVODは変化しますが、自分の利用したことがないものがあれば大きなチャンスになるでしょう。

『詩季織々』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
総監督:リ・ハオリン
監督:イシャオシン、竹内良貴、リ・ハオリン
脚本:永川成基
キャラクターデザイン:西村貴世、矢島康太、土屋堅一
音楽:sakai asuka、yuma yamaguchi、石塚玲依

★【キャスト】
坂泰斗、伊瀬茉莉也、定岡小百合、寿美菜子、白石晴香、安元洋貴、大塚剛央、長谷川育美、中務貴幸

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.3/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
絵の綺麗さについては饒舌に語るまでもない繊細なイラストレーションで世界観を彩っている。こうなってくると、もうどこの国でも同じように綺麗にしてくれるんだなと実感した。これからポスターやカバーデザインは全部このスタジオに頼めばいいのではないか。良い観光サイトを作るときも便利そうだと思ったりとか。そんな余計なことを考えているうちに映画はあっという間に終わってしまった。こうなるとやっぱりオムニバスでは物足りないか。
●映画FUN  
衣食住といういかにも地域密着な題材になっているので、日中合作という前情報のわりにはまったく両国の隔たりを感じない、非常に触らぬ神に祟りなしな構成。新海誠リスペクトというだけではない、独自の要素もあって、とくにチャイニーズ・カルチャーのライトな紹介にはもってこい。綺麗に見せるという意味では100点。限定3週間上映だそうですが、もっと工夫していろいろなところで見れるようになれば良かったのに…もったいない一作かな。
●BILIBILI 
comixwaveだけあってさすがに背景美術はとてもきれいで、目に優しいです。話もさっぱりとしていてわかりやすいですし、入りやすいでしょう。中国が舞台ですが、日本で見ても違和感のないように随所に配慮がされていたのも、作品に対する万人受けの幅広さを感じます。主人公のモノローグ処理が多いというのはクセの部分ですが、短編なのでどうしても必要な場合の説明過多は避けられないのか。いっそのこと、音声なしでも良かったのでは。