ブレードランナー 2049

ブレードランナー 2049

SFファンを驚愕させた「ブレードランナー」の続編

リドリー・スコット監督がフィリップ・K・ディックの小説をもとに生み出した1982年公開の傑作SF「ブレードランナー」から、35年の時を経て生み出された続編。前作から30年後の2049年の世界を舞台に新しい物語が描かれる。2049年。ロサンゼルス警察の新人ブレードランナーのKはいつものように職務を淡々とこなしていく。ある日、Kはかつて人間と見分けのつかない「レプリカント」の暴挙を阻止しようとしていた、30年間行方不明になっているブレードランナーのリック・デッカードの協力を仰ごうとその存在を探し始めるが、予想外の事実が待っていた。

原題:Blade Runner 2049 / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年10月27日 / 上映時間:163分 / 製作会社:Alcon Entertainment、Columbia Pictures / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント / 前作:『ブレードランナー

【無料動画】

映画『ブレードランナー2049』日本版予告編

映画『ブレードランナー2049』日本版予告編

↓「ブレードランナー ブラックアウト 2022」

【渡辺信一郎監督による前奏アニメ解禁!】「ブレードランナー ブラックアウト 2022」

【渡辺信一郎監督による前奏アニメ解禁!】「ブレードランナー ブラックアウト 2022」

↓「2036:ネクサス・ドーン」

【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「2036:ネクサス・ドーン」

【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「2036:ネクサス・ドーン」

↓「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」

【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」

【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」

(c)2017 Sony Pictures Entertainment, Inc.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

根強いファンを獲得しているSF映画は話が重厚で難度の高い作品だとしても繰り返して見たくなる魅力を持っています。そこでそんな作品を観たいときに有用なのが動画配信サービスです。ネット配信を活用することで、スマホやパソコンでお手軽に視聴することもできますし、巨大なテレビ画面で大迫力に鑑賞することもできます。高画質で絶対に観るべきような映画はこういう風に視聴スタイルを選べるほうがいいです。しかも、無料お試しキャンペーンを利用することで、特定の定められた期間であれば、サービスを自由にお金の請求なく利用することができます。これはユーザーのお試しのために用意されたもので、当然、気に入らなければ退会することもできます。つまり、無料動画感覚で楽しめるのです。たとえ、コンテンツ単品課金作品でもお試し登録と同時にポイントがもらえるので、ちゃんと視聴ができます。

「動画配信サービスが便利なのは知っているけど、どのVODで作品を扱っているのかがわからないから手を出しづらいんだよな…」そんなときはこのページで整理しているVODをお試しください。フリムビ2では、配信状態をまとめており、更新時点で配信しているVODを表示してまとめています。その中にあなたの利用したことがないサービスがある場合は、迷いなくそれを選ぶと良いでしょう。今すぐに無料視聴ができます。

字幕と吹き替え、どちらがいいのかについては両方ともに非常にクオリティが高く、変な部分は目立っていないので、好きな方を選ぶと良いでしょう。本作の魅力は映像です。画面に集中できるほうを選ぶと良いかもしれません。一方で、字幕もそこまでは文字量もないので、画面を損なうほどの邪魔にはならないでしょう。

『ブレードランナー 2049』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ(関連作品:『メッセージ』)
脚本:ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ、ハンス・ジマー

★【キャスト(キャラクター)】
ライアン・ゴズリング(K)、ハリソン・フォード(リック・デッカード)、アナ・デ・アルマス(ジョイ)、シルビア・フークス(ラヴ)、ロビン・ライト(ジョシ)、マッケンジー・デイビス(マリエッティ)、カーラ・ジュリ(アナ・ステライン)、レニー・ジェームズ(ミスター・コットン)、デイブ・バウティスタ(サッパー・モートン)、ジャレッド・レト(ニアンダー・ウォレス)、エドワード・ジェームズ・オルモス(ガフ)、ショーン・ヤング(レイチェル)、バーカッド・アブディ、ヒアム・アッバス、ウッド・ハリス、デビッド・ダストマルチャン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.1/1087%81
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.04.09/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
あのSFファンにとって伝説的な存在ともいえる「ブレードランナー」。その続編などは誰もが手を出すのも恐れたことである。だから今作もリドリー・スコットがやらないのなら失敗の可能性は大いに高いと思っていた。しかし。このドゥニ・ヴィルヌーブという奇才はそれをいとも簡単にやってのけたのである。それはまるでアンドロイドによる未知の技術を目撃したような気分だ。まさにこの映画の成功こそが、シンギュラリティそのものである。
●映画FUN 
前作同様、アイデンティティーの模索がテーマの一つとして全面に突出しており、よりP.K.ディックの原作に近付いている気さえする。今作でも日本要素は至る所に紛れ込んでいる。プロダクションデザインのD.ガスナーによれば、J.レトの盲目であるニアンダー・ウォレスの部屋は京都の清水寺を元にデザインされたのだとか。確かに質素さは和を感じる。また、主人公がバーチャルに恋をする展開などは、もろにオタク的傾向と重なって興味深い。
●OPENLOAD 
観る前は163分は少し長いかなと懸念していたけど、いざ本編が始まると「このまま永遠に世界観に浸っていたい」という神妙な心持になった。前作のブレードランナーでは「デッカードがレプリカントなのではないか」と思わせるシーンが多くあった。今作ではそれを踏まえたうえで、もっと踏み込んだ問いかけをしている。もはやレプリカントか否かと問いではないというのが新しい。自分なりに考察することにこの作品の楽しさがあるので議論してほしい。
●DAILYMOTION 
ブレードランナーといえばあの退廃した都市。雨が降る街並みが映った瞬間、そうそうこれこれ!と世界観に浸れてとてもよかったし、重低音が響くBGMも雰囲気を何百倍も盛り上げる。続編である2049では雨や雪も降り、それがちゃんと意味を持つのも上手い。ハリウッド大作でありながら、安易な娯楽エンターテイメントにしないという姿勢は非常に評価したい。ちなみに前日譚のアニメ版ブラックアウト2022も最高にクールなのでぜひ見るべきだ。