セラヴィ!

セラヴィ!

最強の人生讃歌!

エリック・トレダノ&オリビエ・ナカシュ監督が、パリ郊外の古城で開かれる結婚式を舞台に、人々の人生や思惑が交差していく様子を軽妙なタッチで描いたコメディドラマ。30年間もの長いキャリアで数多くの結婚式を成功させてきたベテラン・ウェディングプランナーのマックスは、近頃、自分の仕事に終わりを迎えようと引退準備を考え始めていた。そんなある日、ピエールとヘレナというカップルからの依頼で、17世紀の城を式場にした豪華絢爛な結婚式をプロデュースすることになる。いつも通り、式を成功させるため様々な準備を整えて当日に臨むマックスだったが、ウェイターはあまりにもだらしない恰好、スタッフのひとりは新婦を口説き始め、オーケストラはワンマンショー気取りだったりと、ありえないトラブルが続発。マックスの努力は全て泡と消え、感動的になるはずの式は大惨事と化してしまう。

原題:Le sens de la fete(C’est la vie!) / 製作:フランス(2017年) / 日本公開日:2018年7月6日 / 上映時間:117分 / 製作会社: / 配給:パルコ 

【無料動画】

映画『セラヴィ!』予告編

(C)2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼無料動画を見る方法▼

なぜか落ち込んだ時は元気をもらえる映画が見たくなるもの。この映画もそのひとつであり、監督は過去作でもそうした元気提供作品をたくさん生み出してきました。そんな作品を鑑賞したいと思ったときに、便利なのが動画配信サービスです。スマホなどちょっと時間が空いたときに鑑賞することもできますし、家でなるべく大きな画面で視聴したいと思ったときはテレビでも観れます。もうDVDを借りる必要性はほぼないです。特典を見たいときくらいでしょうか。その動画配信サービスは嬉しい事にお試し期間があって、無料で期間中は利用できます。つまり、実質的にタダで映画を鑑賞できるわけです。これを逃さない手はないと思いませんか?

そこでこのページではいち早く動画配信サービスのうちどれで視聴が可能かを整理しています。サービスによって配信の有無があるので、それをチェックする必要がでてきますが、このサイトであれば比較的簡単に確認が可能です。紹介しているVODを目でチェック、その後は動画リンクへGOです。あとは実際のサイトで視聴可能かを最終チェックするのみ。このステップだけであとは無料動画体験にレッツエンジョイできます。配信の扱いは場合によっては期間が限られますから、なるべくお早めに登録するなどして、楽しみいただくのがベターだと思います。後悔しても遅いですし、そういう残念な経験をした人の声もチラホラ聴けますから。

『セラヴィ!』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ(関連作品:『サンバ』)
脚本:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ
撮影:ダービッド・シザレ
音楽:アビシャイ・コーエン

★【キャスト(キャラクター)】
ジャン=ピエール・バクリ(マックス)、ジャン=ポール・ルーブ(ギイ)、ジル・ルルーシュ(ジェームス)、バンサン・マケーニュ(ジュリアン)、アイ・アイダラ(アデル)、スザンヌ・クレマン(ジョジアーヌ)、アルバン・イワノフ(サミー)、バジャマン・ラベルヌ(ピエール)、ジュディット・シュムラ(エレナ)、エレーヌ・バンサン(新郎の母)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.9/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
「最強のふたり」という作品を何度も宣伝で聞いてきたような気がしますが、今回は本当に監督作ですね。最も感銘を受けた映画のうちのひとつといっても過言ではないので、その監督とあれば、楽しみにするのは避けようがない期待。たぶんそういう人は多かったはずです。グランドホテル形式で、前半様々なキャラが次々と登場するという構成は、かなりベタなユーモア要素アリの王道ドラマに仕上がっていました。インパクトは薄めですが、良い映画です。
●映画FUN  
タイトルは「まぁ、これも人生さ!」みたいな肯定のメッセージでしょうか。目まぐるしく慌ただしく展開する流れと、マシンガントークの様な台詞のやり取りにどうしたって意識が持っていかれますが、あまり深く考えずにノリで楽しむ映画なんだと思います。他人の結婚式や他人の苦労を横から覗いてくすりと笑う感覚という感じで、うまい具合に他人事的なスタンスで向き合えばベストポジションになると思います。そんなお気楽さでも人生です。
●STREAMANGO 
ザ・ヨーロッパ映画です。これ以上のないテンプレです。映画館でなくても後で家でじっくり見るのがいいかもしれませんね。劇中で流れる「君の瞳に恋してる」は、サビを聴かせてくれない意地悪な使い方でしたが、最終的にはエンドクレジットでしっかりフルコーラス楽しめるように配慮されていて、そこは良かったなと。前半でしっかりキャラクターを把握できるし(逆にそこが重要です)、後半の畳みかけもシンプルながら盛り上がりました。