マッド・ダディ

マッド・ダディ

パパ、一体どうしちゃったの!

ある日親たちが凶暴化し、わが子に襲いかかる世界を描いたニコラス・ケイジ主演のスリラー。2人の子どもにも恵まれ、幸せな毎日を謳歌しているブレントの暮らしは順風満帆。いつものように会社に行き、オフィスのテレビでブレントが見たのが、親が実の子どもを殺害する事件が相次ぎ、国中がパニック状態となっているという信じられないニュースだった。子どもたちの身を案じたブレントは仕事を早めに切り上げて帰宅するが、子どもたちはいつもどおりに何事もなく無事に暮らしていた。しかし、愛する子どもたちの顔を見た瞬間、ブレントの心に「この子たちを殺さなければ」という正体不明の殺意が生じてしまう。

原題:Mom and Dad / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年6月23日 / 上映時間:85分 / 製作会社:Armory Films / 配給:クロックワークス

★【スタッフ】
監督:ブライアン・テイラー(関連作品:『ゴーストライダー2』)
脚本:ブライアン・テイラー
撮影:ダニエル・パール

★【キャスト】
ニコラス・ケイジ、セルマ・ブレア、アン・ウィンターズ、ザカリー・アーサー、ランス・ヘンリクセン、オリビア・クロチッチア

【無料動画】

ニコラス・ケイジが我が子に襲い掛かる!映画『マッド・ダディ』予告編

(C)2017 Mom & Dad Productions, LLC


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.5/1074%59
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
『アドレナリン』『ゴーストライダー2』の監督ということで、それを聞いて「ああ、ああいうやつね」とわかってくれる上級者の皆さんなら心配いりません。この時点で「?」が頭に浮かんでいる人は警戒してください。脳みそが溶けて、頭蓋骨が陥没する可能性があります。それくらいの危険度です。常人の映画作りのやり方ではないです。狂っている以前に、地球人ではないのではないかと疑うのは私だけでしょうか。一緒に狂う人、募集中!
●映画FUN  
ニコラス・ケイジ史上、一番ぶっとんでいるのじゃないか。だってこのクレイジーさです。あらすじを読んだだけでその意味不明さが伝わったと思います。実際の中身はその100倍マシですよ。このシナリオと世界観の頭オカシイ感じ、クセになりそう。ブラックコメディとしてのカテゴリに収まっていません。あなたの想像のはるか上をいく、異次元の狂気に触れれば、目も耳もやられてしまうのは確実。この恐ろしい映画を生み出した奴、天才か。
●VUDU  
マッドネス! 映画を観終わった後に、「いや~狂ってたな~」と清々しい気持ちになれる怪作。このアイディアとか、どこから湧いてくるのだろう? 一般受けしないのはもちろん、倫理も固定観念も吹っ飛ばしているので、クレイジー好きも新鮮に楽しめます。ニコラス・ケイジもよくこの仕事を引き受けたなと。昨今は家族の在り方を問う映画が多いですが、間違いなくこの作品が一番センセーショナルなので、一度目に入れてください。