女と男の観覧車

女と男の観覧車

ウッディ・アレンが描く、回る恋の物語

ウッディ・アレン監督がケイト・ウィンスレットを主役に迎え、1950年代ニューヨークのコニーアイランドを舞台に、ひと夏の恋に溺れていくひとりの女性の姿を描いたドラマ。コニーアイランドの遊園地内にあるレストランで細々と働いている元女優のジニー。彼女は、再婚同士で結ばれた回転木馬操縦係の夫・ハンプティと、ジニーの連れ子である息子のリッチーと3人で、観覧車の見える安い部屋でひっそりと暮らす生活を送っていた。しかし、ハンプティとの平凡な毎日に失望しているジニーには秘密があった。夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしながら劇作家を目指している若い男ミッキーと不倫していたのである。ミッキーとの未来に夢を見ていたジニーだったが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナの出現により、安定して回っていたかのような人生はすべてが大きく狂い出していく。

原題:Wonder Wheel / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年6月23日 / 上映時間:101分 / 製作会社:Gravier Productions / 配給:ロングライド

★【スタッフ】
監督:ウッディ・アレン(関連作品:『カフェ・ソサエティ』)
脚本:ウッディ・アレン
撮影:ビットリオ・ストラーロ

★【キャスト(キャラクター)】
ケイト・ウィンスレット(ジニー)、ジャスティン・ティンバーレイク(ミッキー)、ジム・ベルーシ(ハンプティ)、ジュノー・テンプル(キャロライナ)、ジャック・ゴア(リッチー)、デビッド・クラムホルツ(ジェイク)、マックス・カセラ(ライアン)

【無料動画】

映画『女と男の観覧車』本国オリジナル予告編(日本語字幕)

Photo by Jessica Miglio (C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.2/1031%45
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
良くも悪くもウッディアレン流。ごく普通の昼ドラだというか、独創的作家性を感じることができるかは、あなたのアンテナの感度の問題であろう。女性の怖い部分、可愛らしい部分、二人のヒロインが存分に魅せてくれるクセの強さに舌を躍らせつつ、この極上のスープをゆっくりじっくり飲み干していこう。基本的に監督はあまり独自性にこだわらず、毎回自分の好きな作品を自由気ままに作っている。このスタイルでいいと思う。これからも楽しみだ。
●映画FUN 
ケイト・ウィンストレットの演技を観るための映画といっても過言どころか、そのものです。いつものウディ・アレンの皮肉気な棘を交えた展開で人生そんな甘くはないぞ、もういい歳なんだからわかるだろ?と現実を突きつけるのが今作でも変わらない。何度繰り返しても同じ。彼女も何度同じ過ちを繰り返す。人間なんてこういう生き物なんですよと、老監督のベテランが言うのなら、それはそれでいいのかと納得してしまうような気分になっていく。
●STREAMANGO 
中年女性を描いたという点でも重なる『ブルージャスミン』では自分としてはかなり笑えたのに、今回はあまりの辛さに画面にくぎ付けになって動けなくなった。苦しいを通り越して、怖い。恋と欲望、嘘と裏切りを乗せてまわり続ける止まる気配のない観覧車。レトロな遊園地を舞台に美しい色彩の映像で人生の切なさ、ほろ苦い大人の恋をいつものタッチで描き切ったウディ・アレン監督野心作。ファンは当然のようにチェックして損はない。