羊と鋼の森

羊と鋼の森

ピアノの調律に魅せられた青年の成長物語

ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。将来の夢もなく生きていた外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会ったことで運命が変わる。板鳥の調律したピアノの音色に魅せられ、その日から自身も調律の世界を目指すことを決意。専門学校を出て、さっそく新米調律師として働くようになった外村は、調律師の先輩である柳やピアニストの高校生姉妹の和音と由仁ら、調律を通して知り合う人々との関わりを重ねていく。そして、音楽に向き合う調律師として、そしてひとりの人間として成長していく。

原題:羊と鋼の森 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年6月8日 / 上映時間:134分 / 製作会社: / 配給:東宝

★【スタッフ】
監督:橋本光二郎(関連作品:『orange オレンジ』)
脚本:金子ありさ
撮影:山田康介
音楽:世武裕子

★【キャスト(キャラクター)】
山崎賢人(外村直樹)、鈴木亮平(柳伸二)、上白石萌音(佐倉和音)、上白石萌歌(佐倉由仁)、堀内敬子(北川みずき)、仲里依紗(濱野絵里)、城田優(上条真人)、森永悠希(南隆志)、佐野勇斗(外村雅樹)、光石研(秋野匡史)、吉行和子(外村キヨ)、三浦友和(板鳥宗一郎)

【無料動画】

『羊と鋼の森』予告編

『羊と鋼の森』予告編

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
・山崎賢人「今回は(北海道の)旭川のロケで、比較的ゆっくりと撮影に臨めたので、役についても深くコミュニケーションをとりながら撮影ができました」

★【雑学(トリビア)】

〔五感を刺激する美しい映像と音楽表現について〕
世武裕子が担当した劇伴は、“語らない。だが語るところは語る”というバランスを意識して制作された。森の中で外村が音を感じて調律に再び向き合うことを決めるシーンは、静かな世界にピアノの音が重なっていき、いつの間にか音楽に変わっていくという、効果音と劇伴が一体化していく作りになっている。劇中で、ピアノ演奏される曲は、11曲。脚本の段階から、監督とプロデューサー陣、そして音楽プロデューサーが話し合い、弾いている人のキャラクターとそのときの心情に合う曲を選んでいった。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年6月8日) 
森の匂いがする映画というものを始めて見た。主人公の調律師との真っ直ぐな気持ちと、そこから紡ぎだされる葛藤と苦悩、全てが優しい音色とともに響いてくる。才能とは何か。この映画の主人公が答えを出しているのではないだろうか。たとえどんな能力があろうとも悩むときは悩む。そのときどうやって他者には理解できない世界での困難な問いに答えを出すか。そのヒントを得ることができたと思う。この映画に出会えて本当に良かった。
●映画FUN (2018年6月9日) 
2時間半だけど全く長いと感じない、素晴らしい体験でした。ピアノは、羊毛のハンマーが鋼の弦を叩いて音が鳴るという仕組みです。部屋の広さ、天井の高さ、観客がどこにどの位入るか、湿度などで、その音は変わるという非常に特殊なものになっています。それはつまり一般人には到底理解できない専門的な高みです。それを映画は私たちにもわかるように導いてくるというのですから、なんて不思議で親切で興味深い映画なのでしょうか。
●BILIBILI (2018年6月10日) 
ピアノの音色と森林の映像の組み合わせはヒーリング効果絶大。もうこれだけで映画を観たもとがとれる。佐倉姉妹役の上白石姉妹の競演が息が合っていて、さらに引き込まれる。難しい作品ではないので安心してほしい。音楽性でも役者陣でも入るときのきっかけは何でもいい。あとはその世界に浸るだけ。行き詰まりを感じているのなら、壁にブチ当たっているのなら、どうしようもない苦難があるなら、初心に戻れるこの作品をオススメします。