万引き家族

万引き家族

カンヌが称賛した、日本の家族の物語

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したことで話題となった、是枝裕和監督による、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀がひっそりと暮らしていた。彼らは初枝の年金では生活には足りないため、不足の生活費を万引きで稼ぐという社会の底辺にいるような一家だった。それでもいつも笑いが絶えない日々を送り、不幸であると感じることのない姿がそこにあった。そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることになる。そして、ある事件を発端に仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが露わになっていく。

原題:万引き家族(Shoplifters) / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年6月8日 / 上映時間:120分 / 製作会社:AOI Pro. / 配給:ギャガ

★【スタッフ】
監督:是枝裕和(関連作品:『三度目の殺人』)
脚本:是枝裕和
撮影:近藤龍人
音楽:細野晴臣

★【キャスト(キャラクター)】
リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、松岡茉優(柴田亜紀)、池松壮亮(4番さん)、城桧吏(柴田祥太)、佐々木みゆ(ゆり)、緒形直人(柴田譲)、森口瑤子(柴田葉子)、山田裕貴(北条保)、片山萌美(北条希)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、樹木希林(柴田初枝)、毎熊克哉、堀春菜

【無料動画】

『万引き家族』予告編

『万引き家族』予告編

(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.5/10100%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.0???/5.004.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【受賞】
第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でパルムドールを受賞。

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評動画映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター(2018年6月4日) 
今までみた是枝監督の作品の中で一番好きだとハッキリ断言できる。それくらいの不動の名作でした。シナリオ、キャラクター、演出、撮影、あらゆる要素が完璧に適合して補強し合うことで絶妙に結びついているのです。それはまるで劇中で描かれている家族のようです。バラバラに見える異なるものをつなげてひとつにする。こういうことは家族も学校も会社も映画製作も同じなのでしょうね。例え「異」を内する存在どうしでも共有はできるのです。
●映画FUN (2018年6月5日) 
今までの是枝監督の作品のテーマがたくさん合わさった集大成というのは頷けるクオリティでした。この映画が世界で認められたのはとても嬉しい事です。なぜなら日本は社会の風刺においてはすっかり百歩遅れているような状況下で、その停滞をぶち破ってくれたとも言えるのです。この映画は反日だと意味不明な文句をつけている人がいるらしいですが、日本万歳なプロパガンダ映画でも作れば世界が褒めてくれるとでも思っているのでしょうか。
●BILIBILI (2018年6月6日) 
家族の本質は心の繋がりにある。そう言いたいところだが、昔から日本の家族は血縁を重視してきた。父を中心とした血統と家訓を柱にして、家族を力で支配する。その従来的な家庭観をいまだに振りかざす人もいるが、それはすっかり崩壊していることも日本人であれば百も承知だ。そこに対してこの映画はセンセーショナルな家族観を投げかけるものではない。「万引き」というワードに騙されてはいけない。本作は家族って何?と疑問を投じる。
●DAILYMOTION (2018年6月6日) 
切ない作品だった。邦画の未来は明るい。この映画が評価されないのであれば、絶望的だが。人を殺した人間、親に捨てられた人間、親に虐待された人間、家出した人間、それぞれ悲しい背景を持った人達が共同で暮らす、それを「家族」と呼んでいいのかは不明だが、コミュニティであることは間違いない。本作を鑑賞して何を思うだろうか。視聴体験はあなたに何をもたらすだろうか。その印象を忘れず日々を生きてほしいと思う映画だった。