OVER DRIVE オーバードライブ(2018)

OVER DRIVE

東出昌大と新田真剣佑がクールに共演。駆けろ!

東出昌大と新田真剣佑が公道自動車レース「ラリー」に生きる兄弟を演じるヒューマンエンタテインメント。真面目で確かな腕を持つメカニックの兄・檜山篤洋と、世界ラリー選手権へのステップアップを目指す天才ドライバーの弟・檜山直純。篤洋の助言を無視して、無謀で勝気なレースを自分勝手に爆走する直純はラウンドごとに篤洋と衝突を繰り返し、いつしかチームにも険悪なムードが漂い始めていた。ある日、直純の新しいマネジメント担当として、ラリーの知識にとことん乏しい場違いな遠藤ひかるがやってくる。そんな知識の浅い彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そしてチーム全員を巻き込む試練だった。

原題:OVER DRIVE / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年6月1日 / 上映時間:104分 / 製作会社: / 配給:東宝

★【スタッフ】
監督:羽住英一郎(関連作品:『暗殺教室 卒業編』)
脚本:桑村さや香
撮影:木村信也
音楽:佐藤直紀

★【キャスト(キャラクター)】
東出昌大(檜山篤洋)、新田真剣佑(檜山直純)、森川葵(遠藤ひかる)、北村匠海(新海彰)、町田啓太(益田順平)、要潤(香川久俊)、吉田鋼太郎(都築一星)

【無料動画】

新田真剣佑×東出昌大『OVER DRIVE』予告映像

(C)2018「OVER DRIVE」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
・東出昌大「もともとラリー競技に興味はなかったですね。ラリーってなんだ?って思ったくらい(笑)。最初は興味を持つことも難しかったんですが、そこは男子脳といいますか、パーツや工具の名前などを覚えていくうちにメカが遠い存在ではなくなって、だんだん愛着がわいてきたんです」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年6月2日) 
「攻めなきゃ勝てねえから!」「怖いと思った瞬間負けなんだよ」久しぶりエモい言葉でガンガン攻めてくるだけの予告動画を視聴して興味を惹かれました。イマドキ珍しくなった気もするスポコン系。まさに男の根性と熱気がせめぎ合うドラマを期待するところ。必要以上に真剣佑の筋トレシーンや上裸シーンがある等明らかに狙っています。こういうのって企画会議段階で「マッスル追加しましょう」とか話しているのかな。想像するとシュールですけど…。
●映画FUN (2018年6月3日) 
日本ではあまり馴染みのないラリーレースを舞台に兄弟の親愛と葛藤を描くという、結構フレッシュな映画でした。事前に題材となったレースについてある程度勉強しておくといいかもしれないです。いわゆる単純な競争でせめぎ合うわけではなく、個別の走行でタイムを競うのですね。真剣佑の美ボディを拝むという意味では、100点満点中1億点くらいなのですが、それ以外だとかなり勢いで誤魔化していますが、頭を適度に空っぽにしてください。
●BILIBILI (2018年6月4日) 
羽住監督らしいスピード感と男の世界を堪能するための欲望満腹作品。弱さと強さ、夢中になる高揚感、ドライブシーンはドキドキとハラハラの詰め合わせ。そしてレースごとにワクワクする展開に鳥肌。F1ほどの知名度はないから取っつきにくいのか、関心は少し低い状態ですがこれは隠れた邦画の変わり種としてチェックする価値もあるはず。相当にモータースポーツ好きな人たちが作っているのが伝わってくる熱い映像の数々にテンション上がります。