ブリグズビー・ベア

ブリグズビー・ベア

世界中が感動した。25歳で初めて知った外の世界

赤ん坊の頃に誘拐され、偽の両親のもとで彼らが制作した教育番組「ブリグズビー・ベア」だけを見て育った25歳の青年が、初めて外界に出たことから巻き起こる騒動を描いたコメディドラマ。外の世界から隔絶された小さなシェルターからなる狭い空間で、両親と3人だけで暮らす25歳のジェームス。子どもの頃から毎週届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、現在はその世界の研究に没頭するということに人生を費やしていた。そんなある日、シェルターにいきなり警察がやって来て、両親は逮捕されてしまう。実はこれまでジェームスが両親だと思っていた男女は誘拐犯だったという衝撃の事実が判明する。ジェームスは生まれて初めて外の世界に連れ出され、“本当の家族”と一緒に暮らすことになるが…。

原題:Brigsby Bear / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年6月23日 / 上映時間:97分 / 製作会社:Lord Miller Productions / 配給:カルチャヴィル

★【スタッフ】
監督:デイブ・マッカリー
製作:フィル・ロード、クリストファー・ミラー
脚本:ケビン・コステロ、カイル・ムーニー
撮影:クリスチャン・スプレンジャー
音楽:デビッド・ウィンゴ

★【キャスト(キャラクター)】
カイル・ムーニー(ジェームス)、マーク・ハミル(テッド)、ジェーン・アダムス(エイプリル)、グレッグ・キニア(ヴォーゲル)、クレア・デーンズ(エミリー)、マット・ウォルシュ(グレッグ)、アンディ・サムバーグ、ミカエラ・ワトキンス

【無料動画】

『ブリグズビー・ベア』 6月23日(土)公開!

(C)2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.4/1081%68
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評動画・映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
これをコメディというジャンルで紹介するのとは違うと思うけど、でもかなり分類しづらい映画であることは確かで、なかなかない体験をさせてもらった。予想外の隠し玉であり、おそらく多くの人はノーマークだと思うけど、いざ観てみるとその良質っぷりに意表を突かれる。2018年のナンバーワンだと絶賛する人がいるのも頷ける出来で、オーバーではなく心の底から推薦したい一作です。感情をこらえることができずボロボロに大泣きしてしまいました。
●映画フリー  
新生児のときに可哀想にも誘拐されてその流れで監禁されながらも本人は本当の両親のように育てられて自覚することなく、毎週新作がはいるブリグズビーベアーのドラマを楽しみにしているという娯楽だけを満喫している、哀れでさえない25歳の男のお話。「ルーム」に設定が似ているように思えますが印象は全然異なります。誘拐監禁の被害者の映画ではなく、普通の成長ムービーなのです。その純真さに不意を突かれたように心を動かされました。
●VUDU  
B級の匂いしかしないビジュアルに「どうせつまんないチープなドラマだろ?」と馬鹿にしていました。今だから言えます。ごめんなさい。間違っていました。この映画は生涯に残る最高の作品になりました。ブリグズビーベアの記憶は観客である私にも刻まれました。この思いは絶対に忘れないだろうな。ということでより多くの人にもこの映画の魅力を普及したいと思いますし、私と同じように見た目で舐めているなら、それは大きな誤解だと言いたいです。