海を駆ける

海を駆ける

カンヌが認めた深田晃司監督がディーン・フジオカと組む

深田晃司監督が、ディーン・フジオカを主演にインドネシア、スマトラ島のバンダ・アチェでオールロケを敢行したオリジナル脚本によるファンタジードラマ。インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すいかにも怪しいその男は、海で発見されたことからインドネシア語で「海」を意味する「ラウ」と名づけられた。NPO法人で災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシ、親戚のサチコは、記憶喪失ではないかと診断された正体不明のラウをしばらく預かり、身元捜しを手伝うこととなる。ラウはいつもただ静かに特段の大きな感情を見せることなく、ほほ笑んでいるだけだったが、そんなラウの周辺ではさまざまな不可思議な現象が起こりはじめていた。

原題:海を駆ける / 製作:日本・フランス・インドネシア(2018年) / 日本公開日:2018年5月26日 / 上映時間:107分 / 製作会社: / 配給:東京テアトル

★【スタッフ】
監督:深田晃司(関連作品:『淵に立つ』)
脚本:深田晃司
撮影:芦澤明子
音楽:小野川浩行

★【キャスト(キャラクター)】
ディーン・フジオカ(ラウ)、太賀(タカシ)、阿部純子(サチコ)、アディパティ・ドルケン(クリス)、セカール・サリ(イルマ)、鶴田真由(貴子)

【無料動画】

映画『海を駆ける』予告編

映画『海を駆ける』予告編

(C)2018「海を駆ける」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.9/5.0???/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【インタビュー】
・ディーン・フジオカ「インドネシアのクルーと日本のクルーは相性が良かったですね。毎日楽しかったし、深田さんもにこやかで陽気にしていました」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年5月27日) 
日本では全然評価されず、世界で評価されている監督が次に描くのは海外を舞台にしたものだった。日本とインドネシアのハーフであるタカシは、18歳の時に日本とインドネシアどちらの国籍を取るのか選ばされて、最終的には自分の道を選ぶ。これ自体がなんというか監督の今の位置づけのようなものではないか。白黒ハッキリ付けておく必要がない。これはあくまで人間のアイデンティティをどこに置くかなのだ。それを受け入れてくれる場所を探して…。
●映画フリー (2018年5月29日) 
津波と戦争の記憶が残る、インドネシア、アチェを舞台にした異色の寓話で、かつてないほどの抽象的なメタファーに富んだストーリーになっている。海を介した日本とインドネシアとの重なり合う歴史などのモチーフは面白く、インドネシア版の「ロスト・イン・トランスレーション」的な味わいも内包していて、解釈はもちろん、読み方も人によって全て違ってくるのが魅力。「淵に立つ」とは世界が開けた感じでまた印象は異なるのもいい。
●BILIBILI (2018年5月30日) 
インドネシアの過去を下敷に、生命力を操る不思議な海男により手繰り寄せられた運命をともにする若者男女4人の淡い感情のぶつかり合いが丁寧に描かれる。最初はなぜインドネシアなのかと疑問に思ったし、これ自体は話のつかみどころのなさもあって、意味不明だという意見も聞くが、最後まで鑑賞して今の日本との関係性を踏まえてみれば考察できる部分もあるだろう。不穏さを交える人間の描写スタイルが監督の定番であり、病みつきになってしまう。