妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII

妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3

シリーズ第3弾。今回は主婦の反乱!?

平田家の人びとが直面する大騒動をユーモアにたっぷりに描いた山田洋次監督による喜劇映画シリーズ第3弾で、熟年離婚、無縁社会に続く主婦への讃歌が綴られる家族ドラマ。平田家の長男・幸之助の妻・史枝がコツコツ貯めていた大切なへそくりが何者かに盗まれてしまった。この事態に史枝は落胆していたが「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」と幸之助が心ない言葉を口にしたことで史枝の我慢が限界に達し、ついには家を飛び出してしまう。掃除、洗濯、朝昼晩の食事の準備など、これまで平田家の主婦として史枝がこなしてきた家事の数々を全てやるハメになった平田家の人びとは天地がひっくり返ったように大混乱となるが…。

原題:妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年5月25日 / 上映時間:123分 / 製作会社: / 配給:松竹 / 前作:『家族はつらいよ2

★【スタッフ】
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、平松恵美子
撮影:近森眞史
音楽:久石譲

★【キャスト(キャラクター)】
橋爪功(平田周蔵)、吉行和子(平田富子)、西村まさ彦(平田幸之助)、夏川結衣(平田史枝)、中嶋朋子(金井成子)、林家正蔵(金井泰蔵)、妻夫木聡(平田庄太)、蒼井優(平田憲子)、藤山扇治郎、広岡由里子、北山雅康、大沼柚希、小林颯、小川絵莉、徳永ゆうき、小林稔侍、風吹ジュン、木場勝己、立川志らく、笹野高史、笑福亭鶴瓶

【無料動画】

映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」予告編

映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」予告編

夏川結衣、いつまでも仲良しな家族であってほしい!映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』単独インタビュー

夏川結衣、いつまでも仲良しな家族であってほしい!映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』単独インタビュー

(C)2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.85/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
・夏川結衣「3作目ともなると和気藹々かと思われるかもしれませんが、1作目から変わらない緊張感があります。山田監督は厳しいので、時には頭が真っ白になって身がすくむこともあったけれど、一つ一つのシーンをクリアして監督の要求に手が届くことで、どれほどのスキルアップになったかと思います」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年5月26日) 
「家族はつらいよ」シリーズが大好きで、第3弾の今作も期待を裏切らない素晴らしさに満ち溢れていて、とても幸せな時間を過ごせました。映画が終わって後にする観客を見ると、おばあちゃん達はニコニコしながら一緒に来てた友達とお墓がどうのこうのと楽しく語り合い、おじいちゃん達は心なしか俯いて歩いていた気もする。でもそんな反応さえも素敵に思える映画です。こういう昔ながらの日本家族喜劇はずっと続いてほしいものです。
●BILIBILI (2018年5月28日) 
家族が第一であるという価値観が金科玉条のごとく徹底されるなかで、その国ごとの家族の在り方というものがある。そして日本の家族観もまた独特で伝統と風習に裏付けされている。それでも時代の流れとともに少しずつ変化していく家族の価値が作品にも如実に表れてくる。笑えて泣けてホッとする、あたたかい作品によって、日本の家庭の在り方が更新されていく。今度はどんな家族を見せてくれるのだろうか。興味は一生尽きることはない。
●VIDEOEYNY (2018年5月29日) 
「家族はつらいよ3 妻よ薔薇のように」のほうがタイトル的にしっくりくるのだけど、それではダメだったのかな。さておき、映画自体は3作目でも平常どおり。続編というを気にしない安定感。前作同様、ユーモアをたっぷり交えながらも平田家の日常を描いてます。玄関の扉の音が何故かコンビニの音だったり、サウンドセンスが面白いです。ベテランが多い中で、監督の手腕によってクオリティアップされた物語は日本のスタンダードを射抜いています。