デッドプール2

デッドプール2

シリーズ第2弾。みんなでまた観てね

R指定ながら全世界で大ヒットを記録した異色のヒーロー映画『デッドプール』の続編で、人体実験により驚異的な治癒能力と不死の肉体を得た元傭兵のウェイド・ウイルソンの活躍を描くアクションコメディ。最愛の恋人ヴァネッサを無事に取り戻し、二人一緒にお気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来から乱入してきたマシーン人間のケーブルが現れる。ヴァネッサの希望を受けて、真っ当な良い人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守るため、普通ではない秀でた特殊能力をもったメンバーを集めたスペシャルチーム「Xフォース」を結成するが…。

原題:Deadpool 2 / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年6月1日 / 上映時間:120分 / 製作会社:Marvel Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 前作:『デッドプール

★【スタッフ】
監督:デビッド・リーチ(関連作品:『アトミック・ブロンド』)
製作:サイモン・キンバーグ、ライアン・レイノルズ、ローレン・シュラー・ドナー
脚本:レット・リース、ポール・ワーニック、ライアン・レイノルズ
撮影:ジョナサン・セラ
音楽:タイラー・ベイツ

★【キャスト(キャラクター)】
ライアン・レイノルズ(ウェイド・ウィルソン/デッドプール)、ジョシュ・ブローリン(ケーブル)、ザジー・ビーツ(ドミノ)、モリーナ・バッカリン(ヴァネッサ)、ジュリアン・デニソン(ラッセル/ファイヤーフィスト)、レスリー・アガムズ(ブラインド・アル)、T・J・ミラー(ウィーゼル)、ブリアナ・ヒルデブランド(ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド)、カラン・ソーニ(ドーピンダー)、ジャック・ケシー(ブラック・トム)、忽那汐里(ユキオ)

【無料動画】

映画『デッドプール2』予告編 最強鬼やば Ver.

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.2/1082%66
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評動画・映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター(2018年5月23日) 
これはファミリー映画ですか? いいえ、違います。子どもでも見られますか? いいえ、止めた方が賢明です。デート映画に向いていますか? あなたがこのあと恋人とFuXkしたいならどうぞ。最も残虐で愛に溢れた天使のような赤い奴、その名もみんなの人気者にしてネタ人間、デッドプールが帰ってきた。2作目ではその暴れっぷりが案の定天井知らずでパワーアップ。もうコイツを止める奴はきっと誰もいない。ディズニーでもそれは無理な話だ。
●映画FUN (2018年5月24日) 
前作よりも、いろんな映画のパロディ、中の人のセルフパロディが盛り盛りになっており、どれだけ元ネタがわかるかが一種の楽しさを増やすための鍵になってきます。できれば何度でも見て、ここがアレか!と発見しながら確かめてほしいところ。できればそういうのを公式が解説すると面白いのに。観客にガンガン話しかけてくるので、全くひとりで観ている気分がしません。忽那汐里さんも想像以上に活躍していて、馴染んでいるのに驚きました。
●VUDU (2018年5月25日) 
前作から引っ張ってる小ネタ、大ネタ、パロディ、ユーモア、オマージュ、そして相変わらず意味のない殺戮が食べ放題バイキングのように揃っています。まず間違いなく1度の鑑賞では食べきれません。R指定は変わらず納得だけど前作よりグロが少なめになり、下ネタも抑えめかな? にもかかわらず勢いが増しているのは凄いことですよ。エンドロール後の映像が複数あるので、しっかり鑑賞して、一切の後悔なしでこの興奮を満喫しましょう。