GODZILLA 決戦機動増殖都市

GODZILLA 決戦機動増殖都市

シリーズ第2弾。人類最後の希望が起動する

「ゴジラ」シリーズ初のアニメ作品として製作された劇場3部作「GODZILLA」の第2章。ゴジラに蹂躙された地球を取り戻すため命を犠牲にする決死の戦いに挑んだハルオをはじめとした人類だったが、地中深くから現れた真のゴジラ=ゴジラ・アースに完膚なきまでに叩きのめされて敗退。ハルオは、かつての地球人類の生き残りと目される「フツア」と呼ばれる民族の少女ミアナの救いの手でなんとか生き残る。フツアもかつてゴジラに敗れたと言い伝えられていたが、彼らの持つ金属のナノメタルが、21世紀に対ゴジラ決戦兵器として開発されたメカゴジラを構成する物質と同一だと判明。メカゴジラの開発プラントがいまだ残されていることが明らかになり…。

原題:GODZILLA 決戦機動増殖都市 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年5月18日 / 上映時間:101分 / 製作会社:ポリゴン・ピクチュアズ / 配給:東宝映像事業部 / 前作:『GODZILLA 怪獣惑星

★【スタッフ】
監督:静野孔文、瀬下寛之
脚本:虚淵玄
キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
CGキャラクターデザイン:森山佑樹
音楽:服部隆之

★【キャスト(キャラクター)】
宮野真守(ハルオ・サカキ)、櫻井孝宏(メトフィエス)、花澤香菜(ユウコ・タニ)、杉田智和(マーティン・ラッザリ)、梶裕貴(アダム・ビンデバルト)、諏訪部順一(ムルエル・ガルグ)、小野大輔(エリオット・リーランド)、三宅健太(リルエル・ベルベ)、堀内賢雄(ウンベルト・モーリ)、中井和哉(ハルエル・ドルド)、山路和弘(エンダルフ)、上田麗奈(マイナ)、小澤亜李(ミアナ)

【無料動画】

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』予告

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』予告

(C)2018 TOHO CO., LTD.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年5月18日) 
事前の評判がアレだったからちょっと恐々鑑賞してみたら意外にテンションあげられましよ。ビルサルドの人達がメカゴジラがまだ生きてる事を知って一気に大盛り上がりするあたりは観客の心とシンクロします。怪獣と怪獣が大暴れするような絵面はなかったけど…。モスラは出なかったけど次は出てくれるかなあ。メカゴジラみたいに概念での参加なのかな…。いろいろ妄想が膨らむけど、この作品は絶対に予想の斜め下をいくからわからないですね。
●映画フリー (2018年5月19日) 
いきなり続きから始まったから第1章も観てないと難しいかもしれない。ストーリーを事前に確認しておくのがオススメです。レンタルするも良し、家ですぐに観たいのならば動画配信サービスとかでチェックするも良し。さすがに今回にもなると、3部作だということを知ったうえで鑑賞する人も多いでしょうし、そこまで拒絶反応はないですよね。次回作はいよいよ最終作となるが、今作のフラグを総合するとどんなことになるのか、ワクワク。
●STREAMANGO (2018年5月19日) 
ストーリーは前回に引き続き”打倒・ゴジラ”なのですが、そこにフツアという地球の民族やすっかり放置されたメカゴジラがストーリーにぐるぐると絡んできて、前作は”人間vs怪獣”で今作は”人間vs怪獣のままでいいのかい?”という問いかけみたいなテーマになっている気がしました。エンドロールの途中で絶対に視聴を止めたりしないように。それにしても「レディプレイヤー1」といい、2018年はメカゴジラが続いているじゃないですか。

類似タイトル:「アニゴジ2」「アニメゴジラ2」