デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」

デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」

シリーズ、ついに完結

人気アニメ「デジモンアドベンチャー」の15周年記念作品として製作され、2015年から展開されてきた「デジモンアドベンチャー tri.」全6章の最終章。暴走したメイクーモンが変異した「ラグエルモン」と、八神ヒカリのパートナーデジモンであるテイルモンが暗黒進化した「オファニモン フォール ダウンモード」が合体した「オルディネモン」によって、世界は崩壊を始めていく。その危機に立ち向かう選ばれし子どもたちとパートナーのデジモンたちは、自分の持つ力を合わせて対抗することを決意するが…。

原題:デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年5月5日 / 上映時間:98分 / 製作会社: / 配給:東映アニメーション、東映 / 前作:『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」

★【スタッフ】
監督:元永慶太郎
原案:本郷あきよし
シリーズ構成:柿原優子
キャラクターデザイン:宇木敦哉
音楽:坂部剛

★【キャスト(キャラクター)】
花江夏樹(八神太一)、三森すずこ(武之内空)、細谷佳正(石田ヤマト)、田村睦心(泉光子郎)、吉田仁美(太刀川ミミ)、榎木淳弥(高石タケル)、池田純矢(城戸丈)、M・A・O(八神ヒカリ)、荒川美穂(望月芽心)、浪川大輔(西島大吾)、甲斐田裕子(姫川マキ)、坂本千夏(アグモン)、重松花鳥(ピヨモン)、山口眞弓(ガブモン)、櫻井孝宏(テントモン)、山田きのこ(パルモン)、松本美和(パタモン)、竹内順子(ゴマモン)、徳光由禾(テイルモン)、森下由樹子(メイクーモン)

【無料動画】

デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」 5.5劇場上映 第2弾告知PV

(C)本郷あきよし・東映アニメーション


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.3/5.0???/5.003.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年5月6日) 
劇場で公開する必要はあったのかと誰もが口からこぼれ出る部分ではあるけれど、実際は動画配信サービスで先行配信されたり、あくまで劇場公開は限定だったり、メインを映画館に置いていないのでセーフといえばそうなのかもしれない。それでも視聴機会の多さがこの作品の支持につながるのかというと確かに下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる論で行けるけど、客層を新規開拓するのは難しいのかな。そういう意味ではあくまでファンムービーですね。
映画フリー (2018年5月7日) 
思い出補正はあるけれど、気になるところもたくさんあるけれど、デジモン好きだな!と再確認できたので良しとします。不完全燃焼さはありますが、新プロジェクトというか、ファンへのありがとう限定復活イベントだと思えばこんなものでしょう。6章までやる必要は無かったという指摘には反論できないけど。アグモンにまた会おうねって言われたのでまた何かやるなら行きます。それが長年愛した者の宿命というものだし、もう好きとかの問題ではない!
CRUNCHYROLL (2018年5月8日) 
観終わった1番の感想は「やっと終わった!」でした。元々対象年齢の低かったシンプルなアニメを、主人公たちを時代に合わせて成長させ、無理矢理対象年齢をあげたみたいな出来で、パートナー・デジモンと危機に立ち向かう冒険譚っていうより、1人1人の内面の葛藤などを描いた妥当なバージョンアップになっているのはちょっと残念ですが。しかし、記憶の懐かしさによってサポートされている部分はどうしても感動してしまうのは避けられないです。