劇場版プリパラ&キラッとプリ☆チャン きらきらメモリアルライブ

劇場版プリパラ&キラッとプリ☆チャン きらきらメモリアルライブ

夢のキラキラなステージが始まる

「プリティーリズム」「プリパラ」から、2018年4月放送スタートの「キラッとプリ☆チャン」まで、人気アイドルアニメ「プリティーシリーズ」のライブ映像を贅沢に満載に込めた劇場版。「キラッとプリ☆チャン」の桃山みらい、萌黄えも、「プリパラ」の真中らぁら、「アイドルタイムプリパラ」の夢川ゆい、「プリティーリズム」の春音あいら、上葉みあ、彩瀬なるなど歴代のキャラクターが勢揃いして登場する。みらい、もえ、りんかの3人は、誰でも自由にチャンネルを開設し、自分流のパフォーマンスを発信できる動画サイト「プリ☆チャン」を毎日の日課のように釘付けで見ていた。しかし、突然、原因不明のシステムエラーが発生。異次元にワープしてしまった3人は、アイドルたちが集う「プリパラ」の世界にやってくる。

原題:劇場版プリパラ&キラッとプリ☆チャン きらきらメモリアルライブ / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年5月5日 / 上映時間:60分 / 製作会社:10GAUGE / 配給:エイベックス・ピクチャーズ / 前作:『劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ

【無料動画】

「劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~」本予告

(C)T-ARTS/syn Sophia/劇場版KML製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:依田伸隆
脚本:福田裕子

★【キャスト(キャラクター)】
林鼓子(横山みらい)、久保田未夢(萌黄えも)、厚木那奈美(青葉りんか)、茜屋日海夏(真中らぁら)、伊達朱里紗(夢川ゆい)、阿澄佳奈(春音あいら)、大久保瑠美(上葉みあ)、加藤英美里(彩瀬なる)、伊藤かな恵(赤井めが姉ぇ)、三宅健太(タッキー)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.2/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年5月5日) 
誰もが思う部分なのですが、言及もオフィシャルではないので、あらためて書きますが、これは映画というよりはライブです。しかも、既存の素材のツギハギ要素が多めなので、パッチワーク的な構成になっており、どうしたって他の類似ジャンルアニメの映画とは違います。確かにこういうアプローチもありだと思うし、何より子どもたちが映画館という空間で盛り上がればいいので、これはこれで正解なのですが、知らないと???ってなりますから。
CRUNCHYROLL (2018年5月6日) 
プリティーリズム&プリパラを観てくれてありがとう、これからも愛してね!みたいな作品。プロモーションビデオとしてyoutubeで流しても違和感はない。ライブで押し倒すというのは本作の魅力を一番わかっているやり方であり、編集も愛を感じるので、悪くはないです。いや、末永く愛し続けてきたファンであれば、目に涙を浮かべる出来だと思っています。ファンムービーと言われようとも、支え続けることを心に誓うのだった。最大級の感謝。