OH LUCY! オー・ルーシー!

OH LUCY! オー・ルーシー!

海外で大絶賛! 日本・アメリカ合作ドラマ

第67回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門(学生部門)で上映された平柳敦子監督による桃井かおり主演の同名短編映画を、寺島しのぶを主演に迎え、平柳監督自身が長編作品として再映画化。近い将来やってくる「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ受け入れるしかない退屈な毎日を送る43歳の独身OL節子。偶発的な理由で通うことになった英会話教室の授業で節子は、教室内では金髪のカツラをかぶり「ルーシー」というキャラになりきることになってしまう。アメリカ人講師ジョンによる個性的すぎる授業によって節子の眠っていた感情が解き放たれ、節子はジョンに恋をする。そんな幸せな時間も長くは続かず、ジョンは節子の姪の美花ともに日本を去ってしまうが…。

原題:OH LUCY! オー・ルーシー! / 製作:日本・アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年4月28日 / 上映時間:95分 / 製作会社: / 配給:ファントム・フィルム

【無料動画】

4.28公開『オー・ルーシー!』予告編

(C)Oh Lucy,LLC


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:平柳敦子
脚本:平柳敦子、ボリス・フルーミン
撮影:パウラ・ウイドブロ
音楽:エリック・フリードランダー

★【キャスト(キャラクター)】
寺島しのぶ(節子/ルーシー)、南果歩(綾子)、忽那汐里(美花)、役所広司(小森/トム)、ジョシュ・ハートネット(ジョン)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.8/10100%68
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.4/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年4月28日) 
自分の欲望に正直に生きる寺島しのぶ演じるルーシーの役があまりにベストマッチすぎてもうそれだけでこの映画の点数が急上昇してしまいました。ほんとにあんな英会話教室があったらと考えると、興味本位ではありますが何だか行ってみたくなるような気持ちが湧いてきます。それで後悔しないかどうかは未知数ですけど。如何わしい英会話教室等演出には笑えたし、この部分は逆に外国人の反応が観てみたいところではあるけど、どうなのだろうかな。
BILIBILI (2018年4月29日) 
最初は軽い話だと思ったのです。そんな雰囲気があるじゃないですか。ところが全然予想を裏切って違うもので、嘘!?ってなりましたよ。コメディーだと思って観たら、自殺という重いキーワードを笑いで包んで、観る者に考えさせる良い映画です。日本人キャストもどれもいいのですが、意外な見どころはジョシュ・ハートネット。彼が出演してるんですが、久々に見ました。こんな映画を作れるのですから、日本のアイディアも捨てたものじゃないね。
DAILYMOTION (2018年4月30日) 
てっきり40オーバーの独身OL女が、英会話スクールをきっかけに鬱々とした日々から解放を求めて脱出するハートフルコメディだと思っていた。その思い込みは冒頭からあっさり覆される。序盤クスクス笑える部分もちゃんとあるが、暴走し始めた節子の行き先は全く常人には予測がつかず、彼女の行き過ぎた行動にエスカレートするさまは凄まじい勢いで…。横暴すぎるのに不思議と不快感がないのはやはり寺島しのぶ本人が持つ魅力のせいだろうか。