ママレード・ボーイ(実写映画)

ママレード・ボーイ

両親たちがパートナーをチェンジ!?

1990年代に集英社の少女コミック誌「りぼん」で連載され、多くのファンに愛され続けている吉住渉の人気コミックを実写映画化。桜井日奈子と吉沢亮が共演し、互いの両親がそろって離婚&再婚したために一緒に暮らすことになった男女の恋模様を描く。女子高生の小石川光希は、ある日、両親から衝撃の告白を受ける。それはまさかの親たちの行動だった。ハワイ旅行で出会った松浦夫妻と意気投合して母親がその夫、父親がその妻と恋に落ち、互いのパートナーを交換して再婚するというのだ。しかも松浦夫妻の息子で光希の同じ年の遊も含め、皆で一緒に暮らすことになってしまう。突然の家族の一変に光希は戸惑いながらも、クールな中に優しさを秘めた遊に徐々に惹かれていく。

原題:ママレード・ボーイ / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年4月27日 / 上映時間:127分 / 製作会社:プラスディー / 配給:ワーナー・ブラザース

【無料動画】

映画『ママレード・ボーイ』予告【HD】 2018年4月27日(金)公開

(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:廣木隆一(関連作品:『伊藤くん A to E』)
脚本:浅野妙子
撮影:鍋島淳裕
音楽:世武裕子

★【キャスト(キャラクター)】
桜井日奈子(小石川光希)、吉沢亮(松浦遊)、佐藤大樹(須王銀太)、優希美青(秋月茗子)、藤原季節(三輪悟史)、遠藤新菜(鈴木亜梨実)、竹財輝之助(名村慎一)、寺脇康文(三輪由充)、筒井道隆(小石川仁)、谷原章介(松浦要士)、檀れい(小石川留美)、中山美穂(松浦千弥子)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.1/5.0???/5.002.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【インタビュー】
・吉沢亮「魅せなきゃいけないシーンにはこだわりました。例えばキスシーンとかって、こういう作品においてすごく重要なシーンだと思うんです。一つの物語が完結する瞬間が、少女漫画のキスシーンにはある気がします。だから、速度とか、角度とか、単に芝居というのとはまた違った部分でもすごく気を遣いました」

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年4月27日) 
もともとありえない設定の漫画原作だからか、原作を整理するにしても展開が早すぎて相当飲み込むのは大変な物語だと思います。恋愛に至るまでの過程もかなり断片的でシーン集みたいですから。それを踏まえたうえで「映画はダイジェスト」のつもりで鑑賞するのが違和感を最小限に抑える効果になるかな?とも。これで終わりにせず、このままの流れで原作も見てほしいです。また映画で受けた印象が少し深みのあるものに変わってくるのではないかな。
BILIBILI (2018年4月28日) 
とてもピュアで胸キュンな作品でした。ありがちな王道なのですが、そういうのが大好物な人はドハマりすると思うのです。こういうキラキラしたロマンスのお約束をじゅうぶん理解した人なら問題ないのですけど。ただ1つ残念だったのが桜井日奈子さんの唇。撮影だから仕方ないのかも知れないですが、高校生役でありながら…色付きリップか?口紅か?それとも元々唇が赤いのか?ああいうアレンジは若い子でもさすがに変だなと感じるポイントなのにな…。
DAILYMOTION (2018年4月29日) 
原作の各場面を繋げた感じはありますが、しょうがないのかなと納得。開幕の設定からしてユーモアたっぷりのおふざけ気味のラブコメかと思っていましたが、予想外にシリアスな展開に「そうくるか?」と驚き。恋愛要素ありきでない家族や親子の熱さがあります。といってもメインの魅力は、演じるキュートで無邪気な桜井日奈子ちゃんとクールで綺麗な吉沢亮くんなのは言うまでもないですが。いろんな秘密が絡み合ってラストシーンは穏やかで好きです。