アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

この結末を見逃すことはできない

原題:Avengers: Infinity War
製作:アメリカ(2018年)
日本公開日:2018年4月27日
上映時間:150分
製作会社:
配給:ディズニー
製作費:
興行収入:
前作:『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

「アイマンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」などマーベルコミック原作で、世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する各作品からヒーローが集結するアクション大作「アベンジャーズ」シリーズの第3作。6つ集めれば世界を滅ぼす無限の力を手にすると言われる「インフィニティ・ストーン」を手中におさめるべく、地球に襲来した宇宙最強の敵サノスは、その圧倒的な力で目的達成に向けて突き進んでいく。アイアンマン、ハルク、ドクター・ストレンジ、スパイダーマン、ソー、キャプテン・アメリカ、ブラックパンサーなどヒーローたちは結集して戦いに挑むが、それはかつてないほどの激しさで大苦戦していく。

★【スタッフ】
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
脚本:クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー
撮影:トレント・オパロック
音楽:アラン・シルベストリ

★【キャスト(キャラクター)】
ロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・ヘムズワース(ソー)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・エバンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ベネディクト・カンバーバッチ(スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)、アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)、セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー)、ダナイ・グリラ(オコエ)、レティーシャ・ライト(シュリ)、トム・ヒドルストン(ロキ)、イドリス・エルバ(ヘイムダル)、ベネディクト・ウォン(ウォン)、ポム・クレメンティエフ(マンティス)、カレン・ギラン(ネビュラ)、デイブ・バウティスタ(ドラックス)、ゾーイ・サルダナ(ガモーラ)、ビン・ディーゼル(グルート)、ブラッドリー・クーパー(ロケット)、グウィネス・パルトロウ(ペッパー・ポッツ)、ベニチオ・デル・トロ(コレクター)、ジョシュ・ブローリン(サノス)、クリス・プラット(ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード)

【無料動画】

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編

AVENGERS: INFINITY WAR | Behind the Scenes Featurette

AVENGERS: INFINITY WAR | Behind the Scenes Featurette

(C)Marvel Studios 2018


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
9.2/10 86% 68
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
4.3/5.0 4.42/5.00 4.5/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 83.9点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評動画映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター(2018年4月27日) 
なんということでしょう。あっという間の2時間半。この驚異的な体感時間。きっとこれはタイムストーンの力に違いない。もう何が起こったかを口で説明していると、それだけで1時間くらいかかるので、絶対に映画を観た方がいいです。そして、一度の鑑賞では脳が追い付かず、反芻しないと整理つきません。頭のオーバーヒートが終了してから落ち着かないと…。これはどうなってしまうんだ。そして、結末の意味するものとは。しばらく熟睡できないかも。
●映画FUN (2018年4月27日) 
いやいやもう10年MCUを見てきたのはこの映画のためだと言うぐらいアガったと太鼓判を押せます。これぞフィナーレのための前菜。これがまだ最初の皿だなんて。メインディッシュはどうなるのやら。個人的にはサノスの驚異的なウルトラパワーに痺れました。これはチート。勝てないよ。超大作を超える大作らしい映画で、過去作とは比べ物にならないほどのスケール、ストーリー展開、ビジュアルセンス。これは伝説になる映画じゃないでしょうか。
●STREAMANGO (2018年4月27日) 
あれだけ多くのヒーローが乱れ撃ちのように登場し、全員のキャラクターに見合った華のある見せ場がある。さらに、アクションシーンが贅沢すぎるほど満載でありながら、地球の様々な場所や宇宙で展開する物語も混乱なくわかりやすく進んでいく手腕は天才のなせる技。加えてギャグシーンもしっかり用意されて息抜きもあって、もう最高としか言いようがない。これ以上はネタバレになるので言及できないのがツラい。オチは茫然自失の幕引きですよ。

この作品は「アベンジャーズ3」「インフィニティウォー」とも呼ばれています。

マーベル

★【マーベル・シネマティック・ユニバース 作品を総復習!】
フェイズ1
・『アイアンマン』(2008年)
・『インクレディブル・ハルク』(2008年)
・『アイアンマン2』(2010年)
・『マイティ・ソー』(2011年)
・『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
・『アベンジャーズ』(2012年)
フェイズ2
・『アイアンマン3』(2013年)
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
・『アントマン』(2015年)
フェイズ3
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
・『ドクター・ストレンジ』(2016年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
・『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)
・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
・『ブラックパンサー』(2018年)
・『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
・『アントマン&ワスプ』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする