リズと青い鳥

リズと青い鳥

ずっとずっと一緒だと思っていた

京都アニメーション制作のテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の完全新作劇場版。吹奏楽に青春をかける高校生たちを描いた武田綾乃の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」を原作に、テレビアニメ第2期に登場した、鎧塚みぞれと傘木希美の2人の少女が織り成す物語を描く。北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美は、長いようで短い高校生活も終わりを迎える3年生となり、最後となるコンクールを控えていた。大事なコンクールの自由曲に選ばれたのは「リズと青い鳥」。この曲にはオーボエとフルートが掛け合うソロパートがあったが、ふだんは親友同士で仲の良い2人の掛け合いはなぜかうまくかみ合わず…。

原題:リズと青い鳥 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年4月21日 / 上映時間:90分 / 製作会社: / 配給:松竹

【無料動画】

『リズと青い鳥』ロングPV

(C)武田綾乃・宝島社/「響け!」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:山田尚子(関連作品:『映画 聲の形』)
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
音楽:牛尾憲輔

★【キャスト(キャラクター)】
種崎敦美(鎧塚みぞれ)、東山奈央(傘木希美)、本田望結(リズ/少女)、藤村鼓乃美(中川夏紀)、山岡ゆり(吉川優子)、杉浦しおり(剣崎梨々花)、黒沢ともよ(黄前久美子)、朝井彩加(加藤葉月)、豊田萌絵(川島緑輝)、安済知佳(高坂麗奈)、桑島法子(新山聡美)、中村悠一(橋本真博)、櫻井孝宏(滝昇)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
4.1/5.04.40/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年4月21日) 
震えました。山田尚子監督の前作「聲の形」は原作に対してストレートな単一の映画化だったのに対し、この作品は「響け!ユーフォニアム」というすでにテレビアニメも総集編映画も存在する状態のいわばパーツの作品。普通であれば、新作ストーリー映画の扱いで終わるはず。それをタイトルかまるで完全なオリジナルのような雰囲気を醸し出して売っていくというのはちょっとズルい気もしますが、それだけのことをする価値を感じる映画でもありました。
映画フリー (2018年4月22日) 
京アニのクオリティについては常識なので語る必要はゼロですね。冒頭の二人の言葉、音、心のズレの表現からクライマックスの階段で提示される上下関係までエモーションと高度な技術の塊を大量に目に流し込まれて、それはもう感涙しました。シリーズ初見の人もいるだろうけど、こんなので大丈夫かなとかものすごい余計なお世話を頭によぎらせながらの鑑賞でしたが、全くの心配不要。山田尚子監督と吉田玲子の脚本コンビは青春やらせれば最強です。
CRUNCHYROLL (2018年4月22日) 
続編ではあるが単作としても完全に成立している。物語のトーンはTV版とは明らかに違う。アニメ的な記号を狙って抑制しているし、カメラを意識したリアル側に振っている演出は意識的なものだろう。心の奥底から揺さぶりをかけられるような深い感動を与えるドラマで勝負するというのはかなりのチャレンジ精神だが、それをアニメでやってのけるのはやはり実力があってこそ。生活音と劇伴の絡みが心地いいので、あとは観客とのマッチングの問題だ。