ブロッカーズ/Blockers

娘の貞操は親である私たちが守る!

『ピッチ・パーフェクト』の脚本を手がけたケイ・キャノンの監督デビュー作で、プロムで処女を卒業する計画を企てる娘たちを止めようと親が奮闘するコメディ。プロムの当日、ジュリーは親友のカイラとサムにオースティンに処女を捧げるつもりでいた。その話を聞いたカイラは自分もコナーに処女を捧げる決意を固め、準備を進める。一方、クローゼット・レズビアンのサムはその計画に乗ることを躊躇していたが、大学に進学する2人と離ればなれになるという事実が頭をよぎり、結局、サムは2人と思い出を作る最後の機会かもしれないと思い、計画に参加することになった。その計画を偶然知ってしまった親は驚愕し、急いでプロムに駆け付けるが…。

原題:Blockers / 製作:アメリカ(2018年) / 日本未公開: / 上映時間:102分 / 製作会社:Universal Pictures / 配給:

【無料動画】

BLOCKERS Red Band Trailer (2018)

BLOCKERS Red Band Trailer (2018)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ケイ・キャノン
脚本:ブライアン・キーホー、ジム・キーホー
撮影:ラス・T・オルソブルック
音楽:マテオ・メッシーナ

★【キャスト】
レスリー・マン、アイク・バリンホルツ、ジョン・シナ、キャスリン・ニュートン、ジェラルディン・ヴィスワナタン、ギデオン・アドロン、グラハム・フィリップス、マイルズ・ロビンス、ジミー・ベリンガー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.6/1082%69
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年4月19日) 
娘たちがプロムの夜にバージンを失うらしい!と知ってパニックを起こした親たちがありえない行動に出る…という、実にアメリカのコメディらしいストーリー。こういう親の気持ちはわかるという大人の人は多いと思うし、逆にそんなのお節介だよと思う若者もいるかもしれない。それでも、親というのは「親バカ」という言葉もあるように我が子を前にするとその子が何歳でもアホな行動をとってしまう罪な生き物なのであって、それもまた愛なのです。
映画フリー (2016年1月11日) 
アメリカ人はプロムがあって大変だなとつくづく思います。なんでこんな残酷なシステムが存在するのか…。完全にリア充製造イベントじゃないですか。それでもここで私も俺も勝ち組になるぞ!みたいな攻めモードで臨むのでしょうか。お国柄とは言え、凄いなと思います。しかし、やっぱり親は親。子を過剰なまでに心配するアクションをとってしまうあたりは国は違っても同じなんですね。そういうのを見るとなんだかホッコリ、安心します。
DAILYMOTION (2016年1月12日) 
場内が爆笑の渦に飲み込まれるほど、馬鹿笑いできる作品でした。とてもスッキリして、自分が悩んでいることがどうでもいいことだと思えるぐらいです。いい映画を見たな。基本的に大人向けの下ネタのオンパレードなのですけど、しっかりオチとしては良い話にまとめるあたりはさすがです。ハイスクール・ムービーの定番なのに、でも最高という良いバランス。アメリカの青春はほどよく下品さも素直に描くから、かっこつけた嘘がなくていいですね。