娼年(映画)

娼年

松坂桃李が超過激な濡れ場を披露して話題沸騰

「娼夫」として生きる男を主人公に性の極限を描いた石田衣良の同名小説を、2015年に上演した舞台版が大きな反響を呼んだ監督・三浦大輔と主演・松坂桃李のコンビで映画化。大学での退屈な生活に嫌気がさし、バイトに明け暮れて無気力な毎日を送っているリョウ。そんなある日、ホストクラブで働く中学の同級生シンヤがリョウのバイト先のバーに連れてきたのは、ホストクラブの客、御堂静香だった。彼女にはひとつの顔があり、それは秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーというもの。恋愛や女性に興味がないというリョウに興味を持ったことで、「情熱の試験」を受けさせ、リョウは静香の店で働くこととなる。「娼夫」という未知の仕事に最初は戸惑うリョウだったが、女性たちひとりひとりが秘めている欲望の奥深さに気づき、そこに価値を見つけていく。リョウは彼を買った女性たちの欲望を引き出し、そして彼女たちは自分自身を解放していった。

原題:娼年 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年4月6日 / 上映時間:119分 / 製作会社: / 配給:ファントム・フィルム

★【スタッフ】
監督:三浦大輔(関連作品:『裏切りの街』)
脚本:三浦大輔
撮影:Jam Eh I
音楽:半野喜弘、RADIQ septet

★【キャスト(キャラクター)】
松坂桃李(森中領)、真飛聖(御堂静香)、冨手麻妙(咲良)、猪塚健太(平戸東)、桜井ユキ(白崎恵)、小柳友(田島進也)、馬渕英里何(イツキ)、荻野友里(主婦)、佐々木心音(紀子)、大谷麻衣(ヒロミ)、西岡徳馬(泉川)、江波杏子(老女)、階戸瑠李

【無料動画】

4/6(金)公開 映画『娼年』予告篇

4/6(金)公開 映画『娼年』予告篇

(C)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.7/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
??%??点??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
松坂桃李「本番ではすべての動きが決まっていたわけですが、今回は体での会話ですから、そうしてあらかじめ決めておかないとセリフがないのと同じです。やってはいけないと言われていたわけではありませんが、動きの面でもアドリブのようなものは一切ありませんでした」

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年4月6日) 
俳優の松坂桃李にとにかく称賛の大きな拍手を送るべきだろう。邦画ではVシネマ的な作品を除き、有名俳優が脱ぐなど邪道とされる空気もあった昨今。その空気を見事にぶち破ってくれた。下手をすれば、自分のキャリアを傷つけることになりかねないのに、こんな演技をするなんて、その度胸は素晴らしい。そして、実に艶やかな濡れ場を魅せていたのもさすがだ。今作で彼には何かしらの賞を与えないと、いくらなんでも評価が足りなさすぎる。
映画FUN (2018年4月6日) 
肝心の性的シーンについてはあなたの想像している以上に満載です。R18ですから、手加減もありません。ガチです。性描写を誤魔化さずに描ききり、女優陣も全員当たり前のように脱いでいき、乱れていくさまは、もはや日本映画ではないみたいでした。ここまで潔く突き抜けてると、エロさや卑猥さなんて感じるスキもありません。あらゆる感情をフリーにしていく、一種のカタルシスしか残りません。これは絶対に観ておくべき映画の一本です。
OPENLOAD (2018年4月6日) 
男女問わず多くの人に見てほしい作品。女はこうであるべき、男はこうであるべき、被害者、加害者、障害者はこうあるべき…というような共通認識、言い換えれば偏見を鮮やかに打ち砕く官能の極み。かなりハードなセックスシーンもあるし、女性と関係を持って手練れていく姿は、さながらダークヒーローですが、やはり松坂桃李にしかできない役です。鑑賞後その熱にあてられたかのように朦朧とボーっと作品の余韻に浸る状態になります。