さよなら、僕のマンハッタン

さよなら、僕のマンハッタン

『(500)日のサマー』『gifted ギフテッド』のマーク・ウェブ監督作品

サイモン&ガーファンクルの名曲「ニューヨークの少年(The Only Living Boy in New York)」に乗せ、ニューヨークで暮らす青年の恋愛や成長を描いたヒューマンドラマ。大学を卒業して親元を離れたトーマスは、アパートの隣室に越してきた、W・F・ジェラルドと名乗る不思議な雰囲気を漂わす中年男性と親しくなり、人生のアドバイスをもらうようになる。そんなある日、トーマスは父のイーサンが愛人と密会している場面を目撃してしまい、動揺する。しかし、W・F・ジェラルドの言葉に後押しされ、父の愛人ジョハンナに自ら近づいてみる。謎めいた隣人W・Fと父の愛人ジョハンナとの出会いを通して、それまで退屈で平凡だったトーマスの人生に変化が訪れる。

原題:The Only Living Boy in New York / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年4月14日 / 上映時間:88分 / 製作会社:Amazon Studios / 配給:ロングライド

★【スタッフ】
監督:マーク・ウェブ(関連作品:『gifted ギフテッド』)
脚本:アラン・ローブ
撮影:スチュアート・ドライバーグ
音楽:ロブ・シモンセン

★【キャスト(キャラクター)】
カラム・ターナー(トーマス・ウェブ)、ジェフ・ブリッジス(W・F・ジェラルド)、ケイト・ベッキンセール(ジョハンナ)、ピアース・ブロスナン(イーサン・ウェブ)、シンシア・ニクソン(ジュディス・ウェブ)、カーシー・クレモンズ(ミミ・パストーリ)、テイト・ドノバン(ジョージ)、ウォーレス・ショーン(デビッド)、ジョン・ボルジャー(アーウィン・サンダーズ)、ビル・キャンプ(叔父のバスター)

【無料動画】

『さよなら、僕のマンハッタン』予告編

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.3/1033%33
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
??%??点??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年3月30日) 
ヒューマン・ドラマならこの監督にまかせろと言わんばかりにメキメキと存在感を増しているマーク・ウェブ監督。「500日のサマー」で見せたトリッキーな恋愛移り変わり模様のテンポ描写は印象的だし、「ギフテッド」では多くの観客を笑わせ、そして泣かせた。どちらにせよ役者とドラマのシンクロ具合がハンパではない。そして、この「さよなら、僕のマンハッタン」では新しいステージに突き進んだといえる。成長し続けるこの監督の実力に驚く。
映画FUN (2013年3月31日) 
蘇るあの頃の真っすぐな気持ち。主人公の運命になんだか意味もなく胸が苦しい。憧れのニューヨークは、今も人生の光と影をそのまま歌っている。劇中、流れるボブ・ディランの歌がそんなノスタルジーに拍車をかけ、観客を強制的に青春ノイローゼに引き戻すという効果を発揮する。登場人物たちの機微がストレートに突き刺さり、まるで私たちにまでその人生のステージの輝きがもれてくるような不思議な感覚。見終えれば普段の街並みさえ変わってくる。
STREAMANGO (2018年4月1日) 
この映画を観るとニューヨークの街を歩きたくなります。それをわかっているのか、公式サイトでもロケーションマップを作ってくれているので必見です。良く知っている場所から、あまり注目しない日常に溶け込んでいる場所まで、実はこの街にはいろいろな何気ない顔があるのです。そんな環境の中でモラトリアムな青春を描く映画なのかと思えば、意外な展開が。これは必ず驚くはず。どんでん返しに期待しながら、この街に足を運んでください。