レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1

スピルバーグが贈る脅威の映像世界

スティーブン・スピルバーグ監督が、アーネスト・クラインによる小説「ゲームウォーズ」を映画化し、日本のアニメやゲームのキャラも多数登場するSFアクション。貧富の格差が極端に激しさを増し、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年。その夢も抱けないような世界で、若者たちの唯一の希望となっているのは、世界中の人々がアクセスするVRの世界「OASIS(オアシス)」に入り、理想の人生を楽しむことだった。そんなある日、オアシスの開発によって巨万の富を築いた大富豪のジェームズ・ハリデーが死去し、オアシスの隠された3つの謎を解明した者に、莫大な遺産とオアシスの運営権を与えるというメッセージが発信される。その情報は瞬く間に広がり、世界中の人々が謎解きに躍起になった。そして、17歳の孤独な青年ウェイドもそれに参加していた。ある時、謎めいた美女アルテミスと出会ったウェイドは、1つ目の謎を解き明かすことに成功。一瞬にしてオアシスで名の知れた人物となるが、ハリデーの遺産を狙う巨大企業IOI社の魔の手が迫り…。

原題:Ready Player One / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年4月20日 / 上映時間:130分 / 製作会社:Village Roadshow Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億7500万ドル / 興行収入:

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ(関連作品:『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』)
脚本:ザック・ペン、アーネスト・クライン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:アラン・シルベストリ

★【キャスト(キャラクター)】
タイ・シェリダン(パーシヴァル/ウェイド・ワッツ)、オリビア・クック(アルテミス/サマンサ・エブリン・クック)、ベン・メンデルソーン(ノーラン・ソレント)、リナ・ウェイス(エイチ/ヘレン)、サイモン・ペッグ(オグデン・モロー)、マーク・ライランス(アノラック/ジェームズ・ハリデー)、フィリップ・チャオ(ショウ/ゾウ)、森崎ウィン(ダイトウ/トシロウ)、T・J・ミラー(アイロック)、ハナ・ジョン=カーメン(フナーレ)、ラルフ・アイネソン(リック)、スーザン・リンチ(アリス)、パーディタ・ウィークス(キーラ)

【無料動画】

映画『レディ・プレイヤー1』日本版予告【HD】2018年4月20日(金)公開

映画『レディ・プレイヤー1』日本版予告【HD】2018年4月20日(金)公開

↓作中の小ネタ(イースターエッグ)の解説

READY PLAYER ONE – ALL 300+ Easter Eggs!!!

READY PLAYER ONE - ALL 300+ Easter Eggs!!!

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.1/1076%64
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.9/5.04.11/5.004.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評動画映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
これはスピルバーグはまた伝説を作ってしまったなと思います。鑑賞中は常に鳥肌がたちまくり、映像に釘付け。この巨匠はいつになっても夢を届ける、最高のサンタクロースです。何から語ればいいかわからないくらいの情報量。あのキャラだ、あそこにアレもある、ここはアソコか、ここでこのセリフか!という感じで、観客の脳みその引き出しを次から次へと引っ張って開けてくるようなテンション。最後はもう放心状態でお腹が満たされました。
●映画フリー 
公開前から「約束された大興奮大傑作」ということは確定していたので、それを確認するだけの作業。そして、映画が始まった瞬間に親指をグッとして、涙がポロリ。ありがとう、スピルバーグ。本当に感謝してもしきれない。声を大にして言いますが、全てのエンターテインメントが好きな人は、この映画に集まるべきです。そして、この感動を共有しましょう。これはバーチャルではない、本物の興奮、そして体験なのですから。最高すぎます。
●SPACEMOV 
誰もが知っている作品からマイナー作まで色々なアニメに漫画、ゲームのキャラクターをごちゃ混ぜにして作られた夢のおもちゃ箱映画。トランプ政権を危惧して「ペンタゴン・ペーパーズ」を作りながら、一方でこんなハイクオリティのエンタテインメントの極みのような映画をいとも簡単に作ってしまう。このバランス感覚が素晴らしいし、才能の塊だなとあらためて思い知らされる。これは絶対に観ないと損する映画史に残る脅威の映画です。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする