オンリー・ザ・ブレイブ

オンリー・ザ・ブレイブ

巨大山火事が発生! あなたならどうする!?

全てを焼き尽くす巨大山火事に命懸けで立ち向かった消防士たちの緊迫の実話をもとに映画化したディザスター・ドラマ。学生寮で堕落した日々を送っていた青年ブレンダンは、恋人の妊娠をきっかけに自身の生き方を見つめ直すことを決意し、地元の森林消防団に入隊する。地獄のような訓練になんとか耐えながら、ブレンダンはチームを率いるマーシュや仲間たちとの絆を深め、彼らに支えられることで確実に一歩一歩少しずつ成長していく。そんなある日、山を丸ごと飲み込むかのような大規模な山火事が発生し、事態は危機的状況を迎える。

原題:Only the Brave / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年6月22日 / 上映時間:134分 / 製作会社:Black Label Media / 配給:ギャガ / 製作費:3800万ドル / 興行収入:

★【スタッフ】
監督:ジョセフ・コジンスキー(関連作品:『オブリビオン』)
脚本:ケン・ノーラン、エリック・ウォーレン・シンガー
撮影:クラウディオ・ミランダ
音楽:ジョセフ・トラパニーズ

★【キャスト】
ジョシュ・ブローリン、マイルズ・テラー、ジェフ・ブリッジス、ジェームズ・バッジ・デール、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリー

【無料動画】

映画『オンリー・ザ・ブレイブ(原題)』日本版予告編

映画『オンリー・ザ・ブレイブ(原題)』日本版予告編

(C)2017 NO EXIT FILM, LLC


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.7/1087%72
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.03.95/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
これはただのディザスター映画ではありません。どうしようもないボンクラなダメ青年がひとりの男として立派に成長するまでを描く、超アツいドラマが待っているのです。山火事よりも人間ドラマの方が熱狂します。こういう人間的に下にいるような奴が地の底から這い上がって誰からも認められるような真の人間になっていく作品が好きな自分にとって、この映画はドンピシャであり、心の底から見て良かったと思える、出会いに感謝の作品になりました。
●映画FUN  
アメリカでの興行はあまり良くなかったみたいですが、それはきっと知名度の問題でしょう。あまり目立った俳優はいませんから。でも、ドラマは超がつくほど素晴らしい。批評家も称賛する声が多いのも納得の、葛藤と成長が詰まった一作です。単に派手なシーンの寄せ集めみたいな作品ではないことだけは断言します。「こいつ大丈夫か?」と心配になるほどのロクデナシがあそこまでの漢気を見せるなんて、これは完全に男泣き映画じゃないですか。
●OPENLOAD 
アリゾナの自治体消防団が山火事と戦う実話ベースの物語。アメリカではよく大規模な山火事が場所によっては起こるので、身近な問題ではあるのですが、あくまで地域的な問題なのでアメリカ人全員の関心事ではないのです。だから、この映画も刺さる人とそうでない人で別れるでしょう。一方、日本人は山火事はマイナーでも、自然災害に頻繁に遭ってますから感情移入しやすいのではないでしょうか。今作は救う側の成長劇でもあって、感動します。