アウトサイダー(2018)

アウトサイダー

日本のヤクザの世界に迷い込んだ、ひとりのアメリカ人

ジャレッド・レトを主演に迎えてオール日本ロケを敢行し、第2次世界大戦後の大阪を舞台に裏社会の男たちの生きざまを描いたサスペンス。日本で逮捕されて自由を奪われたアメリカ兵ニックは、大阪の白松組に所属する清の命を刑務所で偶然救ったことをきっかけに、清と固い絆で結ばれる。任務をこなしながら裏仕事に手を染めていくと、やがてニックは白松組の組長と杯を交わし、日本の裏社会で生きることを決意する。しかし、清の兄弟分であるオロチはニックの存在を疎ましく感じ、策を練って排除しようとする。そんな中、白松組と一触即発の状態にあった神戸の新興勢力との間に、ついに抗争が勃発し、事態は大混乱となる。

原題:The Outsider / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年3月(Netflix配信) / 上映時間:120分 / 製作会社:Linson Entertainment / 配給:Netflix

★【スタッフ】
監督:マーチン・ピータ・サンフリト(関連作品:『ヒトラーの忘れもの』)
脚本:アンドリュー・ボールドウィン、ジョン・リンソン
撮影:カミラ・イェルム
音楽:スーネ・マーチン

★【キャスト】
ジャレッド・レトー、浅野忠信、椎名桔平、忽那汐里、大森南朋、田中泯、ロリー・コクレイン、エミール・ハーシュ、ド・ランクザン望、加藤幸司、鈴木誠克

【無料動画】

『アウトサイダー 』 予告編

『アウトサイダー 』 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.4/1020%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
??%??点??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年3月12日) 
海外で製作した日本舞台の映画といえば、かなり残念な描写も多かったりするが、この作品はそういう酷いことにはなっていない。何よりも日本人俳優が起用されているため、自然な日本語だし、登場する日本人キャラクターも普通の恰好をしている。意味もなく忍者が出てきたりしない。これは凄い進歩だ。その一方で、ヤクザの風習である指を切るだとか、そういう日本の文化や慣習についてはリサーチされている感じも丁寧で好印象でした。
映画FUN (2018年3月13日) 
あのジャレッド・レトが日本でヤクザをするという設定だけでこんなにもワクワクできる。最高じゃないですか。日本語をしゃべるシーンもあって、しかもお相手となる女性は忽那汐里。整った可愛らしい顔立ちと美しい背中を見せて観客さえも魅了します。浅野忠信についてはハリウッドでバンバン活躍している人なので英語も堪能。文句なし。しっかりグロい描写も入れてきてヤクザ世界の残酷さを見せつけるし、本格的な仁侠映画じゃないでしょうか。
OPENLOAD (2018年3月14日) 
大阪が舞台で、メインロケ地が北九州なので、若干の環境の食い違いはあるものの、あとはだいたい問題なし。場所が場所だけに関西弁が多いのですが、ちゃんと神戸や大阪やらの区別が聞き取れるのも、これまでのアメリカ映画ではありえないことです。ジャレッド・レトはワイルドに、浅野忠信はクールに、忽那汐里はセクシーに、それぞれのキャラクターも個性あって良し。人が簡単にバタバタと死んでいくのも闇社会っぽくてリアルでした。