トレイン・ミッション

トレイン・ミッション

リーアム・ニーソン主演の電車内緊迫サスペンス

長年タッグを組んできたジャウム・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンが、走行中の電車の中を舞台に描くリアルタイムサスペンス。10年間献身的に勤めてきた会社から突然、解雇を宣告された60歳の保険セールスマンのマイケル。突然の先の見えない状態に陥り、失意の中、いつもの電車で帰路につくが、車内で見知らぬ女性から話しかけられる。女性は、電車が終点に到着するまでの間に、100人の乗客から1人のある人物を見つけ出せば、マイケルに多額の報酬を払うと言う。さらに妻が人質に取られていることが発覚し、女性からの依頼を受ける以外の選択肢がなくなったマイケルは、絶体絶命の状況下で1人の人物を見つけ出そうと奮闘するが…。

原題:The Commuter / 製作:アメリカ・イギリス(2018年) / 日本公開日:2018年3月30日 / 上映時間:105分 / 製作会社:Ombra Films / 配給:ギャガ

★【スタッフ】
監督:ジャウム・コレット=セラ(関連作品:『ロスト・バケーション』)
脚本:バイロン・ウィリンガー、フィリップ・デ・ブラシ、ライアン・イングル
撮影:ポール・キャメロン
音楽:ロケ・バニョス

★【キャスト】
リーアム・ニーソン、ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、サム・ニール、エリザベス・マクガバン、ジョナサン・バンクス、フローレンス・ピュー、シャザド・ラティフ、コリン・マクファーレン

【無料動画】

3/30(金)公開『トレイン・ミッション』予告編

(C)STUDIOCANAL S.A.S.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.5/1058%56
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

無料ホームシアター(2018年3月7日) 
リーアム&セラ最新作は飛行機の次は電車です。単純すぎないかと思いましが、とにかく電車なんです。クラシカルな列車ではなくて皆が普通に乗るあの電車。リーアムが乗った乗り物はすべからく不幸が訪れる運命にあるのでしょうか。今作でも大変なことになっていきます。サスペンスとありますが、しっかりアクションも見せてくれて、車内を縦横無尽に動き回るカメラでワンカット風な見せ場をあって、なかなか格闘シーンもクールになっています。
映画FUN (2018年3月8日) 
リストラされたリーアム・ニーソンが突然「電車の通勤客100名以上の中からたった一人を見つけないと家族が危ないぞ~」という悪趣味なクイズを仕掛けられて大混乱になる話で、それって「フライト・ゲーム」でも観た気がするけど、良しとしよう。非常にスリリングで飽きさせない展開がここでも炸裂。考えて悩む姿、考えずに殴る姿、どちらも楽しめます。アクション、スリル、ミステリーのバランスがほどよいので気軽な鑑賞をおすすめします。
OPENLOAD (2018年3月9日) 
邦題が妙にダサくてなんかの鉄道関係のスタンプラリーキャンペーンみたいになってしまいましたが、全然違います。原題は「The Commuter」で通勤者ということ。その名のとおり、通勤乗車客に翻弄される話で、ギシギシに人を押し込んで乗せる日本の電車風景では絶対にありえないストーリーです。動けないですから。既に60歳という設定で歳の割には頑張る哀れなサラリーマンが必死になり、誰もが怪しく見えてくる状況で、どうするか。注目です。