映画ドラえもん のび太の宝島

映画ドラえもん のび太の宝島

見つけたのは、宝物以上の、宝物。

国民的アニメ「ドラえもん」の長編劇場版シリーズ38作目。ドラえもんのひみつ道具「宝探し地図」を使って宝島を探していたのび太は、太平洋上に新しく出現した島を発見する。さっそくノビタオーラ号と名付けた船で島に向かうが、その途中で恐ろしい海賊に襲われ、しずかがさらわれてしまう。海賊に逃げられた後、宝島の秘密を知る少年フロックとオウム型ロボットのクイズと出会ったのび太たちは、しずかを助けるために宝島を目指すが…。

原題:映画ドラえもん のび太の宝島 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年3月3日 / 上映時間:109分 / 製作会社: / 配給:東宝 / 前作:『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

【無料動画】

「映画ドラえもん のび太の宝島」予告3(星野源 主題歌「ドラえもん」ver.)【2018年3月3日公開】

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:今井一暁
脚本:川村元気
キャラクターデザイン:亀田祥倫
音楽:服部隆之

★【キャスト(キャラクター)】
水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、高橋茂雄(トマト)、長澤まさみ(フィオナ)、大泉洋(シルバー)、山下大輝(フロック)、折笠富美子(セーラ)、大友龍三郎(ガガ)、早見沙織(ビビ)、悠木碧(クイズ)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.03.94/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
・今井一暁監督「2014年のアニメミライの時に『パロルのみらい島』(2014年)という、船に乗って海に漕ぎ出していく話を作っていて。その雰囲気を川村さんが気に入っていただいて、僕の名前が挙がったという風に聞いています」

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年3月3日) 
映像・音楽・演技、この3つの質は申し分ない出来で素晴らしいクオリティでした。論争となりそうなのはシナリオです。脚本を手がけた川村元気といえば、これまで数多くの大ヒット作をプロデュースしてきた実績のある人だが、脚本家としては評価が分かれるところがあります。今作ではアニメ、しかもあの国民的な作品「ドラえもん」。難易度はかなり高いです。人によってドラえもん論が違う中で、この作品はいろいろ刺激を巻き起こす気がします。
映画FUN (2018年3月3日) 
リメイク含めここ数年の映画ドラえもんでベストだと思います。親子の大切さを一貫して見せているだけあって、ドラマが丁寧で、安っぽい感動にもなっていません。キャラクターも今までの性格からぶれることなく、ちゃんと映画としての活躍を見せており良かったです。のび太のいざというときの勇敢さと行動力も光っていたし、しずかちゃんに関しても今回は圧倒的なヒロインっぷりを発揮していたような…。作画もよく動いていて目で楽しめます。
BILIBILI (2018年3月3日) 
ドラえもん愛を感じるいいテーマソングである星野源の挿入歌ばかりが話題になっていると思ったけど、大事なのは映画です。この「宝島」は王道海洋アドベンチャーということで、素直に世界観に入り込める敷居の低さが魅力。そして、ドラえもんといえばひみつ道具。今回は去年の映画より更に旧ドラえもん映画の要素が盛り込まれていて、お馴染みのものから旧ドラえもんでお世話になっていたひみつ道具が多数登場し、ファンも大喜び。
ドラえもん

★【劇場版 ドラえもん を総復習!】

  • 第1作『のび太の恐竜』
  • 第2作『のび太の宇宙開拓史』
  • 第3作『のび太の大魔境』
  • 第4作『のび太の海底鬼岩城』
  • 第5作『のび太の魔界大冒険』
  • 第6作『のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)』
  • 第7作『のび太と鉄人兵団』
  • 第8作『のび太と竜の騎士』
  • 第9作『のび太のパラレル西遊記』
  • 第10作『のび太の日本誕生』
  • 第11作『のび太とアニマル惑星(プラネット)』
  • 第12作『のび太のドラビアンナイト』
  • 第13作『のび太と雲の王国』
  • 第14作『のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)』
  • 第15作『のび太と夢幻三剣士』
  • 第16作『のび太の創世日記』
  • 第17作『のび太と銀河超特急(エクスプレス)』
  • 第18作『のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記』
  • 第19作『のび太の南海大冒険』
  • 第20作『のび太の宇宙漂流記』
  • 第21作『のび太の太陽王伝説』
  • 第22作『のび太と翼の勇者たち』
  • 第23作『のび太とロボット王国(キングダム)』
  • 第24作『のび太とふしぎ風使い』
  • 第25作『のび太のワンニャン時空伝』
  • 第26作『のび太の恐竜2006』
  • 第27作『のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~』
  • 第28作『のび太と緑の巨人伝』
  • 第29作『新・のび太の宇宙開拓史』
  • 第30作『のび太の人魚大海戦』
  • 第31作『新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』
  • 第32作『のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~』
  • 第33作『のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』
  • 第34作『新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~』
  • 第35作『のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』
  • 第36作『新・のび太の日本誕生』
  • 第37作『のび太の南極カチコチ大冒険』
  • 第38作『のび太の宝島』

サイトについて

シェアする

フォローする