レオン(2018)

レオン(2018)

地味なOLとワンマン社長のおっさん、体が入れ替わってるー!

韓国の人気アイドルグループ「KARA」の元メンバー、知英の映画初主演作で、知英扮する地味なOLと竹中直人扮するセクハラおやじの体が入れ替わってしまい騒動を繰り広げるコメディ。彼氏にフラれ、会社もクビになった美人だが地味な派遣OL・小鳥遊玲音と、女好きなワンマン社長・朝比奈玲男。2人は偶然にも同じ交通事故に巻き込まれてしまい、なんとか一命はとりとめたが、目が覚めると体が入れ替わっていた。最初は戸惑うも、玲音の体となった朝比奈は徐々に女としての自分を楽しむようになり、抜群のルックスを活かしてキャバクラ嬢に転身。店で偶然再会した甥の政男と玲音の元彼・日下の口から、あの事故は朝比奈を始末し、会社を乗っ取ろうとする彼らの策略であった衝撃の真実を知る。

原題:レオン / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年2月24日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:ファントム・フィルム

★【スタッフ】
監督:塚本連平(関連作品:『かずら』)
脚本:吉田恵里香
撮影:池田直矢
音楽:坂本秀一

★【キャスト(キャラクター)】
知英(小鳥遊玲音)、大政絢(サリナ)、吉沢亮(一条徹)、斉藤慎二(朝比奈政夫)、ミッツ・マングローブ(猫田)、原幹恵(インタビュアー)、河井青葉(愛梨)、山崎育三郎(日下)、竹中直人(朝比奈玲男)

【無料動画】

映画『レオン』予告編

映画『レオン』予告編

(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
4.0/5.04.11/5.003.7/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
??%??点??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
知英「竹中さんは独特のお芝居をされていて、以前から素敵な俳優さんだと思っていました。その竹中さんの色が濃い役と入れ替わって演じなくてならないということで、朝比奈玲男と入れ替わった玲音をどこまで竹中さんっぽく演じるのか、どこまで自分らしい朝比奈を作るのかというバランスを取るのが大変でした」

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月10日) 
あれっ、これって完全にあの大ヒットを記録して社会現象になったアニメのやつじゃないですか。あんなに青春でキラキラしてないですけど。もう本当に竹中直人の存在が全ての作品と中心となっているので、インパクトが凄い。女性の体を手に入れてしまった女好きの社長が、ハンサム青年に何故かドキドキしてしまうという、ちょっと一瞬どういう状況なのか頭がフリーズする場面といい、面白いシーンはたくさんあります。コメディとして大合格です。
映画FUN (2016年1月11日) 
期待通りの最初から最後まで笑いっぱなし。笑い疲れました。想像して下さいよ。OLの格好をした竹中直人を。この一発ギャグのようなネタをずっと全編やるのですから、ツボに入ると、腹筋が崩壊して砕けていきます。映画というか、完全なコントですけど、そこはご勘弁を。知英は日本語が上手いですね。流石にトップスターです。でも、こんな役でいいのでしょうかね。実質、竹中直人を演じている女優ですよ。まあ、楽しければそれでいいのですが。
BILIBILI (2016年1月12日) 
8頭身美人のモデルスタイルの女性の中に、むさいおっさんが入るシチューエーションがシンプルに笑わせてくれます。台なしとはことのことです。知英(ジヨン)さんの振り切った勢いのりすぎなおっさん演技、後半の覚醒演技は非常に素晴らしかったですし、竹中直人さんはもう顔の表情筋の使い方、ナヨナヨ女子の動き、声質全てにおいて、どうしてここで役者の才能をフルに発揮してしまうんだとツッコみつつ、変な感動すら覚えました。