大アマゾンの半魚人

大アマゾンの半魚人

半魚人が美女を襲う! 名作モンスター映画

1954年に製作された、アマゾンの秘境に棲みつく半魚人が人々を次々と襲う姿を描いたモンスターホラー。アマゾンの奥地を探検中のカール・マイア博士は、デボン紀の地層から水かきのついた手の化石が発見された知らせを受ける。未知の生物の痕跡に関する報告を受けたブラジルの海洋生物研究所から、所長のウィリアムズ博士と魚類学者のリード博士、所長助手のケイ・ローレンスが調査に向かうが、マイアのキャンプの留守をあずかる現地人2人の無残な死体が発見されてしまう。一行は現地人が「魔物が住む」という化石が発見された黒い入江を潜水調査するが、ウィリアムズとリードが不在の間、泳いでいたケイは人型の全身に鱗を持つ怪物・半魚人に襲われる。

原題:Creature from the Black Lagoon / 製作:アメリカ(1954年) / 日本公開日:1954年7月12日 / 上映時間:79分 / 製作会社:Universal Pictures / 配給:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン

★【スタッフ】
監督:ジャック・アーノルド
脚本:ハリー・エセックス、アーサー・A・ロス
撮影:ウィリアム・E・スナイダー
音楽:ロバート・エメット・ドーラン、ヘンリー・マンシーニ、ミルトン・ローゼン、ハンス・サルター、ハーマン・ステイン

★【キャスト】
リチャード・カールソン、ジュリー・アダムス、リチャード・デニング、アントニオ・モレノ、ネスター・パイヴァ

【無料動画】

予告 大アマゾンの半魚人 1954年

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年1月15日) 
昔の映画だからと馬鹿にするなかれ。半魚人ギルマンは着ぐるみなんですけどクオリティが凄く高い。表情はちょっとマヌケですが、呼吸時にエラのようなものがしっかり動くギミックもよくできているし、全体のフォルムがシャープでしっかり泳ぐのに適しているスタイルなのがいいです。水中での遊泳シーンも見どころで、その自然な動きは圧巻。陸と水中では別役者がギルマンを演じているようですが、よくあんな動きができるなと感心してしまいます。
映画FUN (2018年2月6日) 
1950年代製作の古き良きホラー。アマゾンの川でふと泳ぎだす美女や、いきなり腕が突き出している化石モドキなどツッコミポイントはありますが、そこは目を逸らして、半魚人の造形には感動。日本の「ウルトラQ」の海底原人ラゴンの回なんかは、この映画のオマージュと言っていいでしょう。とにかく後世の作品に多大な影響を与えたメモリアルな一作なので見て損はないです。水中撮影の技術力の高さは、今の映画界に匹敵するくらいですよ。
OPENLOAD (2018年2月27日) 
ギレルモ・デル・トロ監督の作品で世界中の映画祭で賞を総なめにした「シェイプ・オブ・ウォーター」はこの映画を基にしているらしい。確かになるほどである。一見すると美女が半魚人に襲われる話ではあるが、見方を変えれば、人間の女性に恋をする半魚人が果敢にアプローチするも、その怖い見た目から敵視され、攻撃を受けて追い込まれていく悲しいラブストーリーにも思えてくる。あのラストシーンの切ない後ろ姿には人間的な哀愁を感じる。