ザ・シークレットマン

ザ・シークレットマン

権力には屈しない。敵が大統領であったとしても…

「ウォーターゲート事件」の全容と事件を内部告発したFBI副長官の姿を、リーアム・ニーソン主演で実話をもとに映画化したサスペンスドラマ。アメリカ合衆国史上初めて任期半ばで辞任に追い込まれたリチャード・ニクソン大統領。その引き金となったウォーターゲート事件の捜査の指揮にあたったFBI副長官マーク・フェルトは、なかなか進展しない捜査の裏にホワイトハウスが捜査妨害をしていることを察知し、事件自体がホワイトハウスの陰謀によるものであることを悟る。一方で大統領に忠実なL・パトリック・グレイFBI長官がいるため捜査協力が期待できないとも感じていた。そんな中、フェルトは事件の真相を明るみにするため、大胆な決断をする。

原題:Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年2月24日 / 上映時間:103分 / 製作会社:Mandalay / 配給:クロックワークス

★【スタッフ】
監督:ピーター・ランデズマン(関連作品:『コンカッション』)
脚本:ピーター・ランデズマン
撮影:アダム・キンメル
音楽:ダニエル・ペンバートン

★【キャスト(キャラクター)】
リーアム・ニーソン(マーク・フェルト)、ダイアン・レイン(オードリー・フェルト)、マートン・ソーカス(L・パトリック・グレイ)、アイク・バリンホルツ(アンジェロ・ラノ)、トニー・ゴールドウィン(エド・ミラー)、ブルース・グリーンウッド(サンディ・スミス)、マイケル・C・ホール(ジョン・ディーン)、ブライアン・ダーシー・ジョーンズ(ロバート・クンケル)、ジョシュ・ルーカス(チャーリー・ベイツ)、エディ・マーサン(政府機関の男)、ウェンディ・マクレンドン=コービ(キャロル・ツシューディ)、マイカ・モンロー(ジョアン・フェルト)、トム・サイズモア(ビル・サリバン)、ジュリアン・モリス(ボブ・ウッドワード)、ケイト・ウォルシュ(パット・ミラー)、ノア・ワイリー(スタン・ポッティンガー)

【無料動画】

2/24(土)公開『ザ・シークレットマン』ショート予告

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.4/1035%49
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
??%??点??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年2月21日) 
ウォーターゲート事件において、強力な情報を晒し、勇敢にも内部告発をおこなった「ディープスロート」なるFBI副長官マークフェルトにスポットを当てて、彼の視点から描いた作品です。彼の高潔な姿勢とFBIは何ものにも侵されるべきではないという三権分立の基本理念が観客の脳裏に刻まれます。偶然なのか、狙ったのかは不明ですが、トランプ大統領をめぐるロシア疑惑と完全にシンクロを見せているのが、この映画の鋭さをより際立たせるのです。
映画フリー (2018年2月22日) 
過去の事件を扱った映画ですが、現代にも通じる批判もあり。現代のトランプ政権を彷彿とさせる演出で、ラストにニクソンに「アメリカ、ファースト」という退陣演説で締めるあたりが、皮肉な意図を示す警鐘なのでしょう。FBIと大統領の対立は今に始まったことじゃないのですね。犬猿の仲です。そういう歴史もわかるので、勉強にも最適。それにしてもリーアム・ニーソンがめちゃくちゃカッコいいです。アクションしていない彼も本当に渋い。
OPENLOAD (2018年2月23日) 
観てください。この男前。リーアム・ニーソンと言えば、つい最近まで「96時間」シリーズで無敵の殺人マシーン役が大ヒットしていたわけですが、本作では特殊メイクもして実年齢以上の老け役。でも魅力は落ちていません。お話の方ですが、アメリカ史上最大の政治事件を描いた本作は、現在進行中のアメリカともリンクして、まさに「今、観ずしていつみる」な映画です。ぜひ往年の名作「大統領の陰謀」もあわせてみてほしいと思います。