悟空伝

悟空伝

今度の孫悟空は破天荒なダークヒーロー

『西遊記 はじまりのはじまり』の共同監督だったデレク・クォックが、中国で話題となったオリジナルを大胆にアレンジしたネット小説を原作に孫悟空がダークヒーローとなって活躍するさまを描いたアクションファンタジー。女神・上聖天尊がすべてを統治していた時代。生まれ故郷である花果山を滅ぼした上聖天尊に恨みを抱いていた悟空は、復讐を果たすために感情のおもむくままに彼女の住む天宮に向かう。万物の宿命をつかさどる天機儀を破壊し、天界を潰そうとする悟空の前に武神や護衛神たちが立ちはだかり、天地境界の橋の上で激しいバトルが展開する。

原題:悟空傳 Wu Kong / 製作:中国(2017年) / 日本公開日:2018年2月10日 / 上映時間:123分 / 製作会社: / 配給:ツイン

★【スタッフ】
監督:デレク・クォック
脚本:デレク・クォック

★【キャスト(キャラクター)】
エディ・ポン(孫悟空)、ニー・ニー(阿紫)、ショーン・ユー(灌口二郎/楊セン)、オウ・ハオ(天蓬)、ジェン・シュアン(阿月)、フェイ・ユー(上聖天尊)

【無料動画】

孫悟空の激闘に注目!映画『-悟空伝-』予告編

孫悟空の激闘に注目!映画『-悟空伝-』予告編

(C)2017 New Classics Media Corporation. All rights reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.7/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
??%??点??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年2月9日) 
エディ・ポンが孫悟空ということで気になって鑑賞。そういう俳優ありきでの人は一定数は日本にもいるものの、日本で孫悟空はあまりピンとこないネタでしょう。邦画でもありましたが。一方で、中国では当たり前のように本場ですからもの凄い人気らしいですね。それで今回はエディ・ポン版孫悟空ということでこの調子であらゆる俳優で孫悟空が作られてしまうのではないかと心配になるくらいです。いろいろなバージョンがあるのは楽しみですけど。
BILIBILI (2018年2月10日) 
中国でヒットした超大作であり、興収は軽く100億円以上です。中国は映画市場が日本と比べ物にならないぐらいでかすぎて、この100億円も凄いのかたいしたことないのかわからないから困ります。それだけ市場がでかければ、映画にかける予算も人員も増大するのは当然で、本作もとんでもないクオリティのCGを全体にわたって使いまくったゴージャスな映像がどどーんと展開されます。もうやりすぎな派手さで、何が何やらですが、賑やかだからOK。
DAILYMOTION (2018年2月11日) 
最後はこれでもか!という破茶滅茶な超アクションが炸裂します。だからとりあえずラストまで見ることを推奨します。途中しか見ないとか今作の面白さの5%くらいしか味わえません。95%はクライマックスにあるのです。それくらいの断言をしたくなるくらいの派手さ。監督は「西遊記 はじまりのはじまり」も手がけた人だと聞いて、どんな風になるのかと楽しみにしていましたが、なるほど、この人の持ち味はここだったのかと納得。暇つぶしにどうぞ。