ファントム・スレッド

ファントム・スレッド

批評家が絶賛した英国ファッション界の愛を描くドラマ

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』でタッグを組んだポール・トーマス・アンダーソン監督とダニエル・デイ=ルイスが再び揃い、1950年代のロンドンを舞台に有名デザイナーと若いウェイトレスとの究極の愛が描かれるドラマ。1950年代のロンドンで活躍するオートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックは、その才能から英国ファッション界の中心的存在として社交界から脚光を浴びていた。やがてウェイトレスのアルマとの運命的な出会いを果たしたレイノルズは、アルマをミューズとしてファッションの世界へと迎え入れる。しかし、アルマの存在がレイノルズの整然とした完璧な日常が変化をもたらしていく。

原題:Phantom Thread / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年5月26日 / 上映時間:130分 / 製作会社:Annapurna Pictures / 配給:ビターズ・エンド、パルコ

★【スタッフ】
監督:ポール・トーマス・アンダーソン(関連作品:『インヒアレント・ヴァイス』)
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
音楽:ジョニー・グリーンウッド

★【キャスト】
ダニエル・デイ=ルイス、レスリー・マンビル、ヴィッキー・クリープス、ジーナ・マッキー、ブライアン・グリーソン、カミーラ・ラザフォード

【無料動画】

『ファントム・スレッド』30秒予告編

『ファントム・スレッド』30秒予告編

【ネタバレあり】『ファントム・スレッド』町山智浩氏によるスペシャルトークショー @YEBISU GARDEN CINEMA

【ネタバレあり】『ファントム・スレッド』町山智浩氏によるスペシャルトークショー @YEBISU GARDEN CINEMA

(C)2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.2/1091%90
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.03.85/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第75回ゴールデングローブ賞で最優秀主演男優賞(ドラマ部門)と最優秀作曲賞にノミネート。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年2月8日) 
ポール・トーマス・アンダーソンがまたもや魅せてくれました。かなり後発組ながらの賞レースを席巻していったあたりは、やはり作品に内在する無視しきれない凄さを批評家たちが感じているからなのでしょう。ファッション業界が舞台となっており、監督の持ち味を発揮するフィールドとしてじゅうぶんな土壌が整っています。そこで繰り広げられるドラマはとにかくエレガントで、観る者をうっとりさせると同時にどこか壊れていく音も聞こえるのです。
●映画FUN (2018年2月9日) 
あからさまに衝撃的な展開が!みたいなことは起こらないのに常にどこかで不安な気持ちにさせるのは、この物語が非常に真実味をもって観客に迫ってくるからだ。後半にかけて段々二人の関係性が変わっていくが、そうして明らかになる脅威に露骨なものはない。まるでファッションのように着飾っているためか、別の印象を与えて見る者の目を欺いている。関係性が逆転するときになってやっとその本当の脅威に気づく。それが人間の愚かさなのだ。
●SPACEMOV (2018年2月10日) 
映像も音楽もキャストたちの所作もファッションも、すべてが美しくて心から惚れ惚れしてしまうようなゴージャスな映画でした。予告動画で感じるような優雅な雰囲気は確かにありますが、全く別の要素が実は隠れています。なので観る前の印象でこの映画を安易に判断すべきではありません。神経質で全ての時間をファッションに捧げる天才とごく普通の女性との一筋縄ではいかない恋。そのミスマッチがついに適合する瞬間がくると思ったら、そうくるか。