ジュピターズ・ムーン

ジュピターズ・ムーン

重力を操れる青年が映画の常識をひっくり返す

独創的な映画を生み出すことで世界的に注目を集めるハンガリーのコーネル・ムンドルッツォ監督によるSFドラマ。人生に敗れた男と超能力を持った少年が繰り広げる逃避行を、移民問題やテロリズムといった社会問題を絡めつつ圧倒的な映像表現で描く。父とともに祖国シリアを逃れてハンガリーを目指す少年アリアンは、混乱の中で父と離れてしまい、国境を越えようとしたところを国境警備隊の男ラズロに銃撃されてしまう。瀕死の重傷を負ったアリアンは、難民キャンプで働く医師シュテルンのもとへ運び込まれる。一方のシュテルンは医療ミスで患者を死亡させた過去を持ち、訴訟を取り下げてもらうために大金を必要としており、恋人ベラと共謀して違法に難民を逃して金を稼いでいた。シュテルンの診察を受けたアリアンは急に体調の異変を訴え、シュテルンの目の前で重力を操って浮遊してみせる。成り行きからアリアンを連れて難民キャンプを後にしたシュテルンは、アリアンの能力を金儲けに利用しようと思いつくが…。

原題:Jupiter holdja(Jupiter's Moon) / 製作:ハンガリー・ドイツ(2017年) / 日本公開日:2018年1月27日 / 上映時間:128分 / 製作会社: / 配給:クロックワークス

★【スタッフ】
監督:コーネル・ムンドルッツォ(関連作品:『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』)
脚本:カタ・ベーベル、コーネル・ムンドルッツォ
撮影:マルツェル・レーブ
音楽:ジェド・カーゼル

★【キャスト(キャラクター)】
メラーブ・ニニッゼ(シュテルン医師)、ゾンボル・ヤェーゲル(アリアン)、ギェルギ・ツセルハルミ(ラズロ)、モーニカ・バルシャイ(ヴェラ)

【無料動画】

『ジュピターズ・ムーン』予告

2017 (C) Proton Cinema - Match Factory Productions - KNM


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.4/1046%56
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.5/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
??%??点??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2017年1月29日) 
どう考えても表面はSFというジャンルのど真ん中の気がするのだけど、実際はシリア難民やテロの問題も絡めた社会派ドラマの要素が強かったりする。これは前作で犬の飼育放棄の問題を取り上げて強烈なドラマを生み出したコーネル・ムンドルッツォ監督らしさというべきか。ヨーロッパの映画はハリウッドのような分かりやすさは皆無なので、普段、アメリカ映画ばかりを見ている人は面食らうかもしれない。映像だけに釣られてはいけない深い映画だ。
●SPACEMOV (2017年1月30日) 
PVでも映っているが、長回しの浮遊感がとても印象的で、本当にこちらも浮かんでいるような錯覚に陥る。これはぜひVRとかで観たら大変なことになるだろう。観終わったあともフワフワしているし、脳が追い付いていない。内容は、許されざる罪を背負った主人公は神的存在に最後の救いを見出し、警官は人智を超えた存在を目にして扱い方に戸惑うしかないという、宗教的なテイストを大きく含むので、映像のように軽々しくは向き合えないものである。
●STREAMIN (2017年1月31日) 
今回も前作と同様の寓話的側面でヨーロッパの社会を描くのかと思ったら冒頭から正攻法でガツンと来た。でもよく考えればこの監督は結構テーマに対して表現がストレートなので、一貫しているのかもしれない。テロリストの疑いをかけられた宙に浮ける少年が未知の力を発揮して社会が混乱していくのは、ある人から見れば破壊活動であるし、別の人から見れば救いになっていくという2面性をとらえた構成に感動しながら、映像に酔いしれました。