咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A(実写映画)

咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A

もうひとつのガールズ・麻雀ストーリー

フレッシュな若手女優やアイドルらを多数起用し、麻雀に打ち込む少女たちの輝かしい青春をテレビドラマ&映画で描いた「咲 Saki」のシリーズ第2弾。小林立による原作漫画シリーズの外伝的作品「咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A」を実写化し、テレビドラマの放送と映画版の公開が連続して行われた。親友だった天才麻雀少女の原村和と再戦するため、同じ夢をもつ仲間たちとともに麻雀の全国大会を目指す穏乃の奮闘が描かれる。

原題:咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年1月20日 / 上映時間:112分 / 製作会社: / 配給:ティ・ジョイ / 前作:『咲 Saki

★【スタッフ】
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
撮影:吉田淳志
音楽:T$UYO$HI

★【キャスト(キャラクター)】
桜田ひより(高鴨隠乃)、伊藤萌々香(新子憧)、恒松祐里(松実玄)、渡邉幸愛(松実宥)、中山莉子(鷺森灼)、南沢奈央(赤土晴絵)、咲良菜緒(円城寺怜)、小倉優香(清水谷竜華)、水春(江口セーラ)、島崎莉乃(船久保浩子)、新井愛瞳(二条泉)、日比美思(弘世菫)、RaMu(渋谷尭深)、岩田華怜(亦野誠子)、志田友美(大星淡)、矢野優花(花田煌)、琴海りお(安河内美子)、岩崎春果(江崎仁美)、高田里穂(白水哩)、岡崎紗絵(鶴田姫子)、浅川梨奈(原村和)、東亜優小(鍛治健夜)、やのあんな(新子望)、川口智美(福与恒子)、工藤美桜(岡橋初瀬)、天木じゅん(小走やえ)、其原有沙(丸瀬紀子)、北村優衣(上田良子)、川津明日香(巽由華)、岡崎百々子(車井百花)、岡本夏美(加治木ゆみ)、あの(東横桃子)、浜辺美波(宮永照)

【無料動画】

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』予告

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』予告

(C)小林立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.9/5.04.74/5.003.8/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
100%??点71.0点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年1月21日) 
一体どれだけの女優が出演しているのかというくらいの豪華絢爛な顔合わせ。嬉しいのは決してアイドルの抱き合わせ商法で強引にキャスティングしているわけではなく、ひとりひとりがちゃんと考えられて選ばれている点。つまり、作品への愛が詰まっています。前作同様で役者の皆さんも作品を愛してくれていることが伝わってきて、非常に魅力的に各人がキラキラしているわけです。魅力がスパークしているこの映画、見なければ損ですよ。
映画FUN (2018年1月22日) 
ファン泣かせすぎる。ビジュアルは異次元麻雀で実写でやられてしまうと笑っちゃうところもあるけどまさか泣くとは思いませんでした。原作でここは使ってくるだろうな~って感動する部分は案の定、上手く使われてて号泣でした。前作では一般的にはほぼ無名だった浜辺美波も今では人気女優。しかし、今作では素朴な雰囲気はそのままに変わらない可愛さを振りまいてくれます。咲とは雰囲気や声も全然違うのですけど、別の魅力があります。
BILIBILI (2018年1月23日) 
ルール無用のサイキック麻雀バトル映画、続編が登場してテンションも上がる! 前作同様、麻雀ルール知らなくても問題なく楽しめる仕様になっています。むしろルール知らない方が物語に集中できるかも知れません。ルールとか二の次ですから。大事なのは広大な海のような包容力と、押しを見つける眼力です。本シリーズの凄いところは、主人公チームだけでは無くライバル高校達にまでしっかりとドラマを持たせているところです。また続きが見たい。