嘘を愛する女

嘘を愛する女

長澤まさみと高橋一生の共演でおくるラブ・サスペンス

長澤まさみと高橋一生が共演し、恋人の大きな嘘に翻弄されるキャリアウーマンの運命を描いたラブサスペンス。オリジナルの優れた映画企画を募集する「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」の第1回でグランプリを受賞した企画を映画化した。食品メーカーに勤める川原由加利は、研究医である優しい恋人・小出桔平と同棲5年目を迎え、公私ともに充実した日々を送っていた。そんなある日、自宅で桔平の帰りを待つ由加利のもとに、突然、警察が訪ねてくる。桔平がくも膜下出血で意識を失っているところを発見されたのだが、桔平の所持していた運転免許証や医師免許証はすべて偽造されたもので、職業も名前も全てが嘘であると判明したのだ。予想外の事態にショックを受けた由加利は桔平の正体を突き止めるべく、私立探偵の海原匠と彼の助手キムに調査を依頼。やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ未完成の小説を発見する。その内容をもとに、いまだ病院で眠り続ける桔平の秘密を探るため瀬戸内海へと向かう由加利だったが…。

原題:嘘を愛する女 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年1月20日 / 上映時間:118分 / 製作会社: / 配給:東宝

★【スタッフ】
監督:中江和仁
脚本:中江和仁、近藤希実
撮影:池内義浩
音楽:富貴晴美

★【キャスト(キャラクター)】
長澤まさみ(川原由加利)、高橋一生(小出桔平)、DAIGO(木村/キム)、川栄李奈(心葉)、黒木瞳(マサコ)、吉田鋼太郎(海原匠)、野波麻帆、初音映莉子、嶋田久作、奥貫薫、津嘉山正種

【無料動画】

「嘘を愛する女」予告2

(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.3/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
??%??点??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
長澤まさみ「脚本とほぼ同時に監督から想いのこもった手紙をいただきました。この作品が事実を基にした物語だと。文章の熱量が高くてちょっと呪いの手紙みたいでした(笑)。それを読んで他人事ではないような、自然と応援したい気持ちになったんです」
高橋一生「最近ハリウッドのヒーロー映画も、“ヒーローにならざるを得なかった”みたいな作品が多くて、それを僕は“受け身のヒーロー像”と呼んでいるのですが、僕の演じる桔平も嘘を“つかなければならない”状況にいた…そういう人物の描き方というのもいいなと思いました」

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年1月20日) 
もっとゲスくてドロドロした、安易に考えてることを裏切ってくるかと思ったら、いい話の方面だったので、別の意味でびっくりしました。高橋一生と長澤まさみのファン向け純愛ムービーという、ビジュアルから予想できるものとも少し違いましたね。ただ、両者のファンはじゅうぶん満足できるものになると思いますけど。設定がユニークなのも、この映画の掴みづらさを増している原因な気がします。どんな映画かワクワクしながら観るといいですよ。
映画FUN (2018年1月21日) 
俳優の皆さんの名演で支えられているのはどの映画も同じですけど、今作はとくに凄かったです。終盤の長澤まさみのほとんど一人喋りの演技はヒロインの脆さと愛情を激しく表現していて素晴らしいです。ちょっと嫌な感じの女性役に長澤まさみはハマりますね。邦画はやはり感情移入しやすいと改めて実感。洋画ばかり見ていた自分だが、邦画でも良作はたくさんあることに気付かされた、大切な一本になりました。出会えて嬉しかったです。
BILIBILI (2018年1月22日) 
長澤まさみと高橋一生の物語かと思いきや吉田鋼太郎が2番手なんじゃないか? 人気CMを手がけた中江和仁監督のデビュー作品とのことで、初めての監督なので、観客としても何を見せてくれるのかとドキドキ。暗くて重いだけの映画じゃなくて、最後に、希望が見える方向に行ってくれて本当に良かった。ストーリーに意外性はないですが、ミステリー要素も過剰すぎず、ちゃんと愛の物語として着地していて、不思議な余韻に浸れるドラマでした。