ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

ドウェイン・ジョンソンになっていざゲームの世界へ!

1995年に公開された『ジュマンジ』の続編で、前作から20年後を舞台にゲームの中に閉じ込められた高校生たちの冒険を描いたアクション・アドベンチャー。学校の地下室を掃除するように言われたスペンサー、ベサニー、アンソニー、マーサの4人は、掃除中にコンピュータゲーム版「ジュマンジ」のソフトを偶然にも発見する。掃除をサボって「ジュマンジ」をプレイしようとした4人だったが、突然にしてテレビ画面の中に吸い込まれ、それぞれ自分が選んだアバターとしてジャングルの中に放り出されてしまう。4人は元の世界に戻るためにゲームをクリアしようと必死に奮闘するが…。

原題:Jumanji: Welcome to the Jungle / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年4月6日 / 上映時間:119分 / 製作会社:Columbia Pictures / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント / 製作費:9000万ドル / 興行収入:

★【スタッフ】
監督:ジェイク・カスダン(関連作品:『SEXテープ』)
脚本:クリス・マッケーナ、エリック・ソマーズ、スコット・ローゼンバーグ、ジェフ・ピンクナー
撮影:ギュラ・パドス
音楽:ヘンリー・ジャックマン

★【キャスト】
ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケビン・ハート、カレン・ギラン、ニック・ジョナス、ボビー・カナベイル、プラブ・コリ、アレックス・ウルフ、マディソン・アイゼマン、サダリウス・ブレイン、モーガン・ターナー

【無料動画】

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』超特報

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』超特報


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1077%58
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.03.83/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター(2017年12月30日) 
オリジナルのジュマンジとはほぼ一切関係ないので続編要素を楽しみにしてる人には期待値を大幅に下げて見ることをオススメします。その代わりに投入されているのは当然のようにロック様。もはやロック様たっぷりのそれだけ映画に仕上がっています。これはポスターや予告PVを見ればわかることですけどね。相変わらずの筋肉ネタ、下ネタのてんこ盛り。気軽に安心して見られるという意味ではパワーアップしていると言っていいのかな。
●映画FUN (2017年12月31日) 
「ザスーラ」というやはりボードゲームで宇宙に行く続編的な作品が一応あるのですが、本作は「ジュマンジ」のラストから始まるので正統続編っぽい。ただ、原作にはないので、好き勝手やっちゃいましたという感じ。ボードゲーム「ジュマンジ」はテレビゲームになっちゃいました。イマドキなら仕方がない変更ですね。もうなんでコンピュータゲームにしたんだよと総ツッコミですが。アバターなどゲーム的システムを駆使した笑いは面白いです。
●STREAMIN (2018年2月12日) 
異例のアメリカでの大ヒットを記録したこの映画。アメコミばかりが興収を貪る中で、このおバカ映画が存在感を発揮するというのは痛快です。アメリカの観客はわかっているなと。何がバカって、ドウェイン・ジョンソンです。この筋肉99%の男がジャングルで暴走するというだけで面白いに決まっているわけです。ゲームの世界に入ってしまったというのは日本のアニメや漫画でもよくある設定ですが、アメリカはやっぱり筋肉なんだなという証明ですね。