ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

ドウェイン・ジョンソンになっていざゲームの世界へ!

1995年に公開された『ジュマンジ』の続編で、前作から20年後を舞台にゲームの中に閉じ込められた高校生たちの冒険を描いたアクション・アドベンチャー。学校の地下室を掃除するように言われたスペンサー、ベサニー、アンソニー、マーサの4人は、掃除中にコンピュータゲーム版「ジュマンジ」のソフトを偶然にも発見する。掃除をサボって「ジュマンジ」をプレイしようとした4人だったが、突然にしてテレビ画面の中に吸い込まれ、それぞれ自分が選んだアバターとしてジャングルの中に放り出されてしまう。4人は元の世界に戻るためにゲームをクリアしようと必死に奮闘するが…。

原題:Jumanji: Welcome to the Jungle / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年4月6日 / 上映時間:119分 / 製作会社:Columbia Pictures / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント / 製作費:9000万ドル / 興行収入:

【無料動画】

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』超特報

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

何も考えずにただ素直にエンターテインメントの世界にどっぷり浸かれる映画は最高に楽しい体験ができます。そんな愉快な作品を観たいなら、動画配信サービスには数多くの娯楽作が揃っています。人気作もありますし、中にはマイナーな隠れた名作もあったり、リメイクの元になった映画も。スマホで観ることも可能ですが、テレビにも対応しているので、大画面で鑑賞すればワイワイ楽しむことが可能で、満足できると思います。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジェイク・カスダン(関連作品:『SEXテープ』)
脚本:クリス・マッケーナ、エリック・ソマーズ、スコット・ローゼンバーグ、ジェフ・ピンクナー
撮影:ギュラ・パドス
音楽:ヘンリー・ジャックマン

★【キャスト】
ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケビン・ハート、カレン・ギラン、ニック・ジョナス、ボビー・カナベイル、プラブ・コリ、アレックス・ウルフ、マディソン・アイゼマン、サダリウス・ブレイン、モーガン・ターナー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1077%58
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.03.83/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
オリジナルのジュマンジとはほぼ一切関係ないので続編要素を楽しみにしてる人には期待値を大幅に下げて見ることをオススメします。その代わりに投入されているのは当然のようにロック様。もはやロック様たっぷりのそれだけ映画に仕上がっています。これはポスターや予告PVを見ればわかることですけどね。相変わらずの筋肉ネタ、下ネタのてんこ盛り。気軽に安心して見られるという意味ではパワーアップしていると言っていいのかな。
●映画FUN  
「ザスーラ」というやはりボードゲームで宇宙に行く続編的な作品が一応あるのですが、本作は「ジュマンジ」のラストから始まるので正統続編っぽい。ただ、原作にはないので、好き勝手やっちゃいましたという感じ。ボードゲーム「ジュマンジ」はテレビゲームになっちゃいました。イマドキなら仕方がない変更ですね。もうなんでコンピュータゲームにしたんだよと総ツッコミですが。アバターなどゲーム的システムを駆使した笑いは面白いです。
●STREAMIN  
異例のアメリカでの大ヒットを記録したこの映画。アメコミばかりが興収を貪る中で、このおバカ映画が存在感を発揮するというのは痛快です。アメリカの観客はわかっているなと。何がバカって、ドウェイン・ジョンソンです。この筋肉99%の男がジャングルで暴走するというだけで面白いに決まっているわけです。ゲームの世界に入ってしまったというのは日本のアニメや漫画でもよくある設定ですが、アメリカはやっぱり筋肉なんだなという証明ですね。