アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル

波乱万丈のフィギュアスケーターを描く

アメリカのフィギュアスケート選手として2度の冬季オリンピックに出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、マーゴット・ロビー主演で描いたドラマ。貧しい家庭で厳しく育てられたトーニャは、努力と才能でフィギュアスケーターとして全米のトップ選手への上り詰めていく。1991年のフィギュアスケート全米選手権。トーニャ・ハーディングはアメリカ人として史上初めてトリプルアクセルを成功させ、偉業を成す。1992年アルベールビル五輪に続き、94年のリレハンメル五輪にも出場するが、92年に元夫のジェフ・ギルーリーが、トーニャのライバル選手を襲撃して負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こしたことから、トーニャのスケーター人生の転落は始まっていた。

原題:I, Tonya / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年5月4日 / 上映時間:121分 / 製作会社:LuckyChap Entertainment / 配給:ショウゲート / 製作費:1100万ドル / 興行収入:

【無料動画】

I, TONYA [Trailer] Redband Trailer – In Theaters Now

I, TONYA [Trailer] Redband Trailer – In Theaters Now

Copyright (C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:クレイグ・ガレスピー(関連作品:『ザ・ブリザード』)
脚本:スティーヴン・ロジャース
撮影:ニコラス・カラカトサニス
音楽:ジェフ・ルッソ

★【キャスト(キャラクター)】
マーゴット・ロビー(トーニャ・ハーディング)、セバスチャン・スタン(ジェフ・ギルーリー)、アリソン・ジャニー(ラヴォナ・ハーディング)、マッケンナ・グレイス(子供の頃のトーニャ・ハーディング)、ポール・ウォルター・ハウザー(ショーン・エックハルト)、ジュリアンヌ・ニコルソン(ダイアン・ローリンソン)、ケイトリン・カーヴァー(ナンシー・ケリガン)、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ(ドディ・ティーチマン)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.7/1089%76
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評動画・映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

無料ホームシアター(2017年12月26日) 
1990年代始めに、フィギュアスケート界を賑わせTVの話題を一世風靡したトーニャ・ハーディンのナンシー・カラガン暴行事件。若い人は知らないだろうが、ショッキングな事件でした。この映画は主にトーニャにスポットを当てて、当時の様子をインタビュー形式で描いています。第4の壁を破ったり、視点で話を変えたり、アプローチに非常に凝った一作で、伝記映画だから退屈なんてことは全くない。トーニャのぶっとんだ人生にぴったりな映画です。
映画FUN (2017年12月27日) 
マーゴット・ロビーが暴れまくっている。これは「スーサイド・スクワッド」以上にはまり役かもしれない。トーニャ本人とはそこまでそっくりなわけではなく、独自の存在感があるのだが、それがまた良い味を出している。まさに映画のマジックだ。また、「gifted ギフテッド」で印象的な演技を見せた女の子、マッケンナ・グレイスもトーニャの子ども時代を熱演しているので、そこもファンは注目ポイントだろう。非常に役者目当てで見ると楽しい。