レディ・バード

レディ・バード

批評家が絶賛した青春ムービー

女優のグレタ・ガーウィグが初の単独監督作としてメガホンをとり、自身の自伝的要素を盛り込みながら描いた青春映画。閉塞感漂う片田舎の町でカトリック系の女子高に通う17歳のクリスティン(自称「レディ・バード」)が、高校生活最後の年を迎えて、友人やボーイフレンド、家族、そして自分の将来について悩み、揺れ動く様子を、みずみずしくユーモアたっぷりに綴る。2002年、クリスティン・マクファーソンはサクラメントにあるカトリック系の高校に通っていた。レディ・バードは両親と上手く行っていなかったが、ジュリアン・ステファンズという親友はいた。レディ・バードとジュリーは授業の一環で観劇に行き、そこでダニーという名前の青年と出会った。レディ・バードはダニーと急速に親密になっていき、ダニーの家の感謝祭の夕食会に招かれた。

原題:Lady Bird / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年6月1日 / 上映時間:93分 / 製作会社:Scott Rudin Productions / 配給:東宝東和

【無料動画】

Lady Bird | Official Trailer HD | A24

Lady Bird | Official Trailer HD | A24

(C)2017 InterActiveCorp Films, LLC./Merie Wallace, courtesy of A24


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:グレタ・ガーウィグ
脚本:グレタ・ガーウィグ
撮影:サム・レヴィ
音楽:ジョン・ブライオン

★【キャスト(キャラクター)】
シアーシャ・ローナン(クリスティン・マクファーソン)、ローリー・メトカーフ(マリオン・マクファーソン)、トレイシー・レッツ(ラリー・マクファーソン)、ルーカス・ヘッジズ(ダニー・オニール)、ティモシー・シャラメ(カイル・シャイベ)、ビーニー・フェルドスタイン(ジュリアン・ステファンズ)、スティーヴン・ヘンダーソン(ラヴィアッチ神父)、ロイス・スミス(サラ・ジョーン)、ローラ・マラノ(ダイアナ・グリーンウェイ)、ジョーダン・ロドリゲス(ミゲル・マックファーソン)、ジョン・カルナ(グレッグ・アンルー)、オデイア・ラッシュ(ジェンナ・ウォルトン)、ジェイク・マクドーマン(Mr.ブルーノ)、キャスリン・ニュートン(ダーリン)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.3/1099%94
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.71/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2017年12月27日) 
こじらせ系女子の青春ティーンムービーながら、極端な重いテーマもなく、親子、恋愛、友情、田舎からの脱出というシンプルで普遍的なテーマが芯にある。なので、どこの国でも全員が共感できるオーソドックスな作品といえるだろう。家族が崩壊したりする大げさなドラマもないが、あくまでリアリティが伝わる現実的な感情の揺れ動きが楽しめる。みんな必死で生きているのは一緒なのにどうして他人は理解できないと思ってしまうのか。それもまた人生。
●映画FUN (2017年12月28日) 
噛めば噛むほど味のある、何度でも見たくなる青春映画。主人公は少し破天荒なキャラクターだけど不思議と魅力的。微妙な親子関係だったり、友人関係や恋人関係も、絶妙なセリフによってゆったりと展開していって、言葉に込めきれない意味や思わず人を傷つけてしまうところも含めて、言葉というものの本質を見つめ、大切にする監督なんだなと感じた。カトリックの高校を舞台にして、その厳しい校則をちょっと笑い物にしているのもいい。