バトル・オブ・ザ・セクシーズ

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

勝つのは男か、女か

世界的テニスプレイヤーである女性選手ビリー・ジーン・キングと男性選手ボビー・リッグスの1973年のテニスの試合を題材に、スポーツの枠を超えて性別を賭けた戦いを繰り広げる姿をユーモラスに描いたコメディ。1943年生まれのテニスプレイヤーで、ウィンブルドンで20勝を達成した名選手であるビリー・ジーン・キング。その彼女は1973年に元男子テニス王者のボビー・リッグスと対戦することになる。

原題:Battle of the Sexes / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年7月6日 / 上映時間:121分 / 製作会社:Decibel Films / 配給:20世紀フォックス / 製作費:2500万ドル / 興行収入:

【無料動画】

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』11.2先行デジタル配信/12.5ブルーレイ&DVDリリース

(C)2017 Twentieth Century Fox


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

スポーツ映画の面白さはアツいバトルと人間ドラマが合わさってエネルギッシュに展開していくこと。思わず映像に夢中になってしまいます。そんな作品を観たいときは動画配信サービスを駆使してお得にみるといいでしょう。観ている最中にこの俳優は気になるなと思ったことはありませんか。そんなときは俳優の他の出演作も連続して視聴することもできます。いろいろな作品を観ていけば、その俳優の才能を実感することもできます。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
脚本:サイモン・ボーファイ
撮影:リヌス・サンドグレン
音楽:ニコラス・ブリテル

★【キャスト(キャラクター)】
エマ・ストーン(ビリー・ジーン・キング)、スティーヴ・カレル(ボビー・リッグス)、アンドレア・ライズボロー(マリリン・バーネット)、サラ・シルバーマン(グラディス・ヘルドマン)、ビル・プルマン(ジャック・クレーマー)、アラン・カミング(テッド・ティンリング)、エリザベス・シュー(プリシラ・ウィリアン)、オースティン・ストウェル(ラリー・キング)、ナタリー・モラレス(ロージー・カザルス)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.9/1086%73
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.74/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第75回ゴールデングローブ賞のコメディ/ミュージカル部門で最優秀主演男優賞と最優秀主演女優賞にノミネート。

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評動画映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
本作の魅力は何と言ってもエマ・ストーン。彼女の演技力にまたもやただただ脱帽してしまう。最高の女優だと強く思います。コミカルでありつつも、しっかり芯のある女性を演じさせたら右に出るものはいないですね。テーマ的にもダイレクトに女性の権利を訴える映画とジャンル分けしていいのだけれども、そんな小うるさい説教はない。女性が活躍するスカッとできる内容でありながら、万人が楽しめるものにも仕上がっています。
●映画FUN 
またジェンダー映画か…と少し食傷気味の人もご安心ください。この作品、まずガチのスポーツ映画として傑作ですから。テニスも練習して、実際にプレーしているという役者陣の名演もあって、試合の白熱さはプロ顔負け。もちろん、偏見の問題への言及も素晴らしいです。作中のビリージーンの「女はトップにならないと、言い分を聞いてもらえない」というようなセリフが心に響きました。男性キャラを嫌味な奴にしていないのも好感。