君の名前で僕を呼んで

君の名前で僕を呼んで

アカデミー賞でシナリオが大絶賛

1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリー。アンドレ・アシマンの同名小説を原作に名匠ジェームズ・アイボリーが脚本を執筆、ルカ・グァダニーノ監督がメガホンをとった。1983年、夏。家族に連れられて北イタリアの避暑地を訪れた17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリバーと出会う。一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリバーに特別な思いを抱くようになっていく。ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリバーが去る日が近づいてきて…。

原題:Call Me by Your Name / 製作:イタリア・フランス・ブラジル・アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年4月27日 / 上映時間:132分 / 製作会社:Frenesy Film Company / 配給:ファントム・フィルム

★【スタッフ】
監督:ルカ・グァダニーノ(関連作品:『胸騒ぎのシチリア』)
脚本:ジェームズ・アイボリー
撮影:サヨムプー・ムックディープロム
音楽:ロビン・アーダング

★【キャスト】
アーミー・ハマー、ティモシー・シャラメ、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール、エステール・ガレル、ビクトワール・デュボワ

【無料動画】

Call Me By Your Name | Official Trailer HD (2017)

Call Me By Your Name | Official Trailer HD (2017)

(C)Frenesy, La Cinefacture


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.4/1096%93
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.004.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【感想・批評】

映画フリー (2017年12月21日) 
良いところがありすぎる。傑作っていう言葉はこの映画のためにあると言っても過言じゃない。まず背景が最高。北イタリアの夏の見事な美しさ、そしてエリオが住む家の存在感。アートのように魅惑的で、でも不自然な感じは何もしない。このビジュアルだけでも満足感でいっぱいになれる。そして、ストーリーは本当にシンプル、一夏の恋になっている。あの夏を観客さえも思い出したくなる素敵な作品だ。サントラも最高なので、ぜひ聴いてほしい。
SPACEMOV (2017年12月22日) 
みんなこの映画を「CMBYN」と略して読んでいるようですね。日本の場合は何て呼ぶといいのでしょうか。「キミボク」? そんな邦題、すでにありそうですけど。タイトルはおいといて、素晴らしいの一言に尽きる映画です。ジョン・アダムス作曲「Hallelujah Junction」の鮮やかでアップテンポなピアノの音で一気に引き込まれてしまいました。たぶんこの作品を見たら序盤だけで一発で好きになっているタイプの映画でしょう。
STREAMIN (2017年12月22日) 
ゲイを題材にした映画なのですが、そんなことはどうでもいいのです。ごく普通の恋愛ドラマですから。LGBTの人たちだけでなく支持が多いのは、自分が誰かを愛した記憶を思い浮かべさせられるという理由がある気がします。それくらい普遍的などこにでもある愛を描いているのです。こんなにうまく初恋を撮ってる映画はないんじゃないかと思うくらい、お見事な描写でした。こんな熱い夏を過ごしてみたかったと誰もが感じるはずです。