君の名前で僕を呼んで

君の名前で僕を呼んで

アカデミー賞でシナリオが大絶賛

1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリー。アンドレ・アシマンの同名小説を原作に名匠ジェームズ・アイボリーが脚本を執筆、ルカ・グァダニーノ監督がメガホンをとった。1983年、夏。家族に連れられて北イタリアの避暑地を訪れた17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリバーと出会う。一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリバーに特別な思いを抱くようになっていく。ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリバーが去る日が近づいてきて…。

原題:Call Me by Your Name / 製作:イタリア・フランス・ブラジル・アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年4月27日 / 上映時間:132分 / 製作会社:Frenesy Film Company / 配給:ファントム・フィルム

【無料動画】

4月27日(金)公開『君の名前で僕を呼んで』日本版本予告

(C)Frenesy, La Cinefacture


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

映画の祭典アカデミー賞で賞に輝いた作品というのは素晴らしいのはわかっていてもなかなか見る機会はないこともあります。そんな見逃してしまった方はとくに動画配信サービスを使ってお得に観るのがいいでしょう。このサービスは、ネット配信なので、レンタル店と違って作品を貸し借りする必要もなく、好きな時に自由に視聴できるというメリットがあります。人気も上昇する一方で、利用者も増えているので、今では身近なサービスになりました。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「君の名前で僕を呼んで」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『君の名前で僕を呼んで』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ルカ・グァダニーノ(関連作品:『胸騒ぎのシチリア』)
脚本:ジェームズ・アイボリー
撮影:サヨムプー・ムックディープロム
音楽:ロビン・アーダング

★【キャスト】
アーミー・ハマー、ティモシー・シャラメ、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール、エステール・ガレル、ビクトワール・デュボワ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.4/1096%93
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.81/5.004.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【受賞】
第90回アカデミー賞で脚色賞を受賞。

★【感想・批評】

●映画フリー 
良いところがありすぎる。傑作っていう言葉はこの映画のためにあると言っても過言じゃない。まず背景が最高。北イタリアの夏の見事な美しさ、そしてエリオが住む家の存在感。アートのように魅惑的で、でも不自然な感じは何もしない。このビジュアルだけでも満足感でいっぱいになれる。そして、ストーリーは本当にシンプル、一夏の恋になっている。あの夏を観客さえも思い出したくなる素敵な作品だ。サントラも最高なので、ぜひ聴いてほしい。
●SPACEMOV 
みんなこの映画を「CMBYN」と略して読んでいるようですね。日本の場合は何て呼ぶといいのでしょうか。「キミボク」? そんな邦題、すでにありそうですけど。タイトルはおいといて、素晴らしいの一言に尽きる映画です。ジョン・アダムス作曲「Hallelujah Junction」の鮮やかでアップテンポなピアノの音で一気に引き込まれてしまいました。たぶんこの作品を見たら序盤だけで一発で好きになっているタイプの映画でしょう。
●STREAMIN 
ゲイを題材にした映画なのですが、そんなことはどうでもいいのです。ごく普通の恋愛ドラマですから。LGBTの人たちだけでなく支持が多いのは、自分が誰かを愛した記憶を思い浮かべさせられるという理由がある気がします。それくらい普遍的などこにでもある愛を描いているのです。こんなにうまく初恋を撮ってる映画はないんじゃないかと思うくらい、お見事な描写でした。こんな熱い夏を過ごしてみたかったと誰もが感じるはずです。