花筐 HANAGATAMI

花筐 HANAGATAMI

大林宣彦監督の戦争3部作、最終章

名匠・大林宣彦監督が、1977年のデビュー作『HOUSE ハウス』より以前に書き上げていた幻の脚本を映画化し、『この空の花』『野のなななのか』に続く戦争3部作の最終章として撮り上げた青春群像劇。檀一雄の純文学「花筐」を原作に、戦争の足音が迫る時代を懸命に生きる若者たちの友情や恋を赤裸々に描き出す。1941年、春。佐賀県唐津市の叔母のもとに身を寄せている17歳の俊彦は、アポロ神のような鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇ら個性が目立つ学友たちと共に「勇気を試す冒険」に興じる日々を送っていた。俊彦は肺病を患う従妹・美那に思いを寄せつつも、その一方で女友達のあきねや千歳と青春を謳歌している。そんな彼らの何気ない日常は、恐ろしい戦争の渦に飲み込まれていくことで乱されていく…。

原題:花筐 HANAGATAMI / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年12月16日 / 上映時間:169分 / 製作会社: / 配給:新日本映画社

★【スタッフ】
監督:大林宣彦
脚本:大林宣彦、桂千穂
撮影:三本木久城
音楽:山下康介

★【キャスト(キャラクター)】
窪塚俊介(榊山俊彦/僕)、矢作穂香(江馬美那)、常盤貴子(江馬圭子)、満島真之介(鵜飼)、長塚圭史(吉良)、山崎紘菜(あきね)、柄本時生(阿蘇)、門脇麦(千歳)、村田雄浩(山内教授)、武田鉄矢(一条医師)、入江若葉(江馬家の婆や)、南原清隆(俊彦の父)、小野ゆり子(俊彦の母)、岡本太陽(江馬圭子の夫)、豊田邦子(吉良の下宿の老婆)

【無料動画】

大林宣彦監督×檀一雄原作『花筐/HANAGATAMI』予告編

(C)唐津映画製作委員会/PSC 2017


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年12月16日) 
大林宣彦ワールド、最大出力で全開! 総員、衝撃に備えろ! そんな感じで相も変わらずいつもの独創的センスが炸裂している。毎度のことながら思うが、これが若手監督の勢い任せな作品ではなく、日本を代表する老成した名監督の手から生み出されたものだというのが信じられない。おそらく大林宣彦監督作を見たことがないという最近の世代の人もいるだろう。そんな人は一度この世界観に触れてほしい。とてつもない衝撃を受けることは間違いない。
BILIBILI(2017年12月16日) 
凄まじかった。明らかに破綻しているのにそれさえも感じさせない熱量が煮えたぎっている。なんなんだこの灼熱のマグマのような創作魂は。大林節、これほど点数化しにくいものはない…。ただ間違いなく言えるのは、全編にわたってどこを切り抜いてもすぐに監督が特定できる、こんな個性的な作品はほかに類をみないだろう。原作は檀一雄の50ページほどの同名短編だが、そのままの台詞もあったりして意外と忠実な映画導入も大胆で巧みだ。
OPENLOAD(2017年12月16日) 
初期からブレない作風と、監督の想いがひしひしと伝わる作品。今作は映像的な挑戦も目立った気がする。36歳の窪塚俊介が17歳の主人公役に選ばれた理由は、エンディングにあり。余命宣告を受けてから1年以上経つという事実にも驚くけれど、監督のしっかりした語り口とメッセージに非常に感銘を受けた。余命宣告なんてくそくらえで、あと30年は生きて、平和になるまで作品を撮り続けるとのこと。もう観客は完全敗北だ。このエネルギーは止まらない。