ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた

男は再び立ち上がる、より強くなるために

ジェフ・ボウマンとブレット・ウィッターが2014年に上梓した回顧録「Stronger」を映画化し、ボストンマラソン爆弾テロ事件で両足を失った男が人生の再起をかけて奮闘する姿を描くドラマ。2013年4月、ジェフ・ボウマンは恋人のエリンがゴールする姿を見届けるため、ボストンマラソンのゴール付近にいた。ボウマンは挙動不審な男を発見したが、その後すぐに爆弾が爆発した。爆発に巻き込まれたジェフは、両足を失うほどの重傷を負い、意思の疎通にも困難をきたす状況にあったにも拘わらず、必死の思いで犯人の風貌を警察に伝達した。ジェフの証言もあって、4日後にテロ事件の犯人は逮捕された。彼の勇気が全米中で称賛されていた頃、ジェフは両足を失ったという現実に直面していた。失意のうちにあったジェフだが、義足を使ってもう一度自力で歩くべく、リハビリを開始した。

原題:Stronger / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年5月11日 / 上映時間:116分 / 製作会社:Bold Films / 配給:ポニーキャニオン / 製作費:3000万ドル / 興行収入:

【無料動画】

Stronger Official Trailer #1 (2017) Jake Gyllenhaal Biography Movie HD

Stronger Official Trailer #1 (2017) Jake Gyllenhaal Biography Movie HD

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:デビッド・ゴードン・グリーン(関連作品:『グランド・ジョー』)
脚本:ジョン・ポローノ
撮影:ショーン・ボビット
音楽:マイケル・ブルック

★【キャスト(キャラクター)】
ジェイク・ギレンホール(ジェフ・ボウマン)、タチアナ・マズラニー(エリン・ハーレイ)、ミランダ・リチャードソン(パティ・ボウマン)、クランシー・ブラウン(ジェフ・ボウマン・シニア)、フランキー・ショウ(ゲイル・ハーレイ)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1094%76
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年12月10日) 
2013年ボストンマラソン爆発事件で両足を失いながらも、病床で犯人特定の手がかりを提供し、それが犯人逮捕につながったことから、一躍ヒーローとなった人物が主人公。この映画はベストセラーとなった彼の自伝に基づくドラマとなっています。単なるサクセスストーリーということではなく、内面の描写が中心となっており、彼の再生の物語がテロで傷ついたアメリカの再生ともシンクロするのが重要な側面でしょう。
映画フリー(2017年12月14日) 
アメリカの地域愛は日本にはあまり伝わってこないかもしれない。よくアメリカは愛国心が強いというが、実際はそれ以上に地域への忠誠的な愛の方がはるかに強い。この映画では主人公がただリハビリを行っているだけともとれる。しかし、その内なる葛藤を覗いてみればそれは決してそんな単純なものではない。人はとてつもない困難にぶつかったとき、どうするのか。どうすれば強くなれるのか。その原動力がこの作品にはある。
OPENLOAD(2017年12月15日) 
ジェイクの演技は凄まじい。こういう絶望的な状況に直面し、人生が墜落した人間を演じるのが本当に上手い役者だなとあらためて痛感する、素晴らしい名演だった。この映画はヒーロー映画ともいえるが、いわゆる無敵のパワーで悪をぶちのめす明快な正義ではない。おそらく今のアメリカはヒーローを失ったのだ。だからヒーローはもう一度立ち上がるために果敢に自分と戦うのである。このジェイクが演じた男もまたそんな再起する英雄だ。