彼女が目覚めるその日まで

彼女が目覚めるその日まで

クロエ・グレース・モレッツ主演、難病と闘った感動の実話

クロエ・グレース・モレッツが主演を務め、原因不明の難病に冒された女性記者スザンナ・キャラハンの闘病記「脳に棲む魔物」を映画化した人間ドラマ。ニューヨーク・ポスト紙で真面目に働く21歳のスザンナは、プライベートではミュージシャンのスティーブンと付き合いはじめ、公私ともに充実した毎日を送っていた。そんなある日、突如として物忘れがひどくなり、大事な取材で大失態を犯してしまう。さらに幻覚や幻聴にも悩まされるようになり、ついには全身が痙攣する発作を起こして、緊急入院する。明らかな異常な症状にも関わらず、検査しても異常は見つからず、医師たちは会話すら出来なくなったスザンナに精神科への転院を勧める。しかし、両親やスティーブンは、彼女の瞳の奥の叫びを感じ取っていた。

原題:Brain on Fire / 製作:カナダ・アイルランド(2016年) / 日本公開日:2017年12月16日 / 上映時間:89分 / 製作会社:Denver and Delilah Productions / 配給:KADOKAWA

【無料動画】

12/16公開『彼女が目覚めるその日まで』予告編

12/16公開『彼女が目覚めるその日まで』予告編

(C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

難病を扱った映画は自分のことではなくとも思わずドラマに入り込んでしまう力があります。そんな映画を観たいときは、動画配信サービスで探して見るのはどうでしょうか。レンタル店での購入や借りるのも安いですが、このサービスは他にはない特典があります。それは無料お試しキャンペーンという超お得な存在。つまり、ある期間の間は、サービスを使うことがタダということになります。当然、その間は映画動画も無料で見ることができますし、ポイントで準新作も扱っています。ここまで便利なサービスを見逃すなんてもったいないです。

では自分の見たい映画作品を扱っているのがどの動画配信サービスかを調べる時は、このページを参照してください。フリムビ2では動画視聴可能なサービスを整理してまとめています。他サイトでよくありがちな特定の会社のサービスだけを推薦するような行為はしていません。あくまで公平にVODを表示しています。

『彼女が目覚めるその日まで』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジェラルド・バレット
脚本:ジェラルド・バレット
撮影:ヤーロン・オーバック
音楽:ジョン・パエザーノ

★【キャスト(キャラクター)】
クロエ・グレース・モレッツ(スザンナ・キャハラン)、トーマス・マン(スティーヴン・グリウォルスキ)、リチャード・アーミテージ(トム・キャハラン)、ジェニー・スレイト(マーゴ)、キャリー=アン・モス(ローナ・ナック)、タイラー・ペリー(リチャード)、アレックス・ザハラ(アレン)、ジェン・マクリーン=アンガス(ジゼル)、ケン・トレンブレット(上院議員)、ナビド・ネガーバン(ナジャー医師)、ロバート・モロニー(ライアン医師)、アガム・ダーシ(カーン医師)、ジャネット・キダー(シスキン医師)、ビンセント・ゲイル(サムソン医師)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.6/1022%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.88/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
偶然なのか意図的なのか、本作は同日に公開された日本映画の「8年越しの花嫁」と題材が全く一緒なんですね。ただ、こちらは病気にかかったスザンナの症状や、周りの人たちの彼女に対する反応をメインに描かれ、邦画にありがちなベタベタなロマンスに終始しているわけではありません。ポスターのデザインが恋愛っぽい雰囲気になってますけど。スザンナの全身の痙攣が完全にホラーの描写になっているなど、病気の恐ろしさが印象的に刻み込まれます。
●映画フリー
恋愛ものかなと思って安易に鑑賞したら、思わぬヘビーな実話にびっくり。ジャケットからして、難病に侵された若い女の子がボーイフレンドの愛で助かるみたいなノリと連想するでしょうけど、全然違います。なかなか理解され難い病気との、いつまでも続く闘い。事実、統合失調症or精神異常と診断されてしまう率には驚いたし、今この瞬間にも苦しんでいる人が思うと、キツイものがある。邦題の安易さに騙されずに、この真摯なドラマを見てほしい。
●SPACEMOV
エクソシストのモデルになった男の子が患っていたとされる「抗MDA受容体脳炎」を題材にしているらしく、その特殊性に惹かれて観てみると、割と真面目に闘病を扱っていました。ジャケ写に反してラブ&エンタメ皆無のリアルドキュメンタリーな作りになっているので、日本の宣伝はあてにしないでください。統合失調症と誤解を受けて治療を進められている人がどれほどいるのだろうと思うと、そこはホラーかもしれない。病気を知るのは大切だなと思う。