クルックド・ハウス/Crooked House

Crooked House

アガサ・クリスティの傑作ミステリーを映画化

1949年に発表されたミステリーの女王アガサ・クリスティの長編小説「ねじれた家(Crooked House)」の映画化。第2次世界大戦直後の英ロンドンを舞台に、大富豪の老人の殺人事件を発端とした裕福な一族の物語が繰り広げられるドラマ。ねじれた家に住む心のねじれた老人が毒殺された。根性の曲がった家族と巨額の財産を遺して、この世から消えた人物。状況は内部の者の犯行を示唆し、若い後妻、金に窮していた長男などが互いに疑心暗鬼の目を向け合う。そんな中、恐るべき第二の事件が起こってしまう…。

原題:Crooked House / 製作:イギリス(2017年) / 日本未公開: / 上映時間:115分 / 製作会社:Brilliant Films / 配給:

【無料動画】

Crooked House – Official Trailer

Crooked House - Official Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジル・パケ=ブレネール(関連作品:『ダーク・プレイス』)
脚本:ジュリアン・フェロウズ

★【キャスト】
グレン・クローズ、マックス・アイアンズ、テレンス・スタンプ、クリスティーナ・ヘンドリックス、ジリアン・アンダーソン、ステファニー・マティーニ

★【感想・批評】

●海外コメント 
私がアガサ・クリスティ小説について愛しているのは、エレガンスで常に暗い秘密であるという理由です。私は何年も前にCrooked Houseを読んでいました。私はこの適応を愛しました。家族の邸宅と50年代のロンドンに美しい風景が広がっています。グレン・クローズから家族の長女マックス・アイアンズにキャスティングされ、古い魂を持つ若い探偵のように素晴らしい仕事をしています。最後のシーンの狂気っぷりが上手く演じられていて、それだけで満足。
●無料ホームシアター
名作は映像化によってもその輝きを失わないという真理を証明してみせました。俳優もさすがです。彼らはそれぞれのキャラクターを自分の謎にして、殺人犯が誰であるかを把握しようとすると、サスペンスに貢献します。ひとつでも破綻しようものなら、どうすることもできないプロットの墜落を無様に披露してしまうのに、そうはならないというのは上手い証拠。ミステリーのツボを押さえつつ、現代でもわかる楽しみを提供している、見事なアレンジ。
●OPENLOAD 
クリスティの本の優れた最初の映画の適応は、映画の真ん中の部分でさまざまなゆっくりとしたヒントや手がかりを使って緊張を作り、実際に誰が実際に犯罪を犯したかについて視聴者が推測し続けるように仕組まれている。私は映画自体が2時間近くにもかかわらず、非常にゆっくりと動き出したと感じました。殺人の謎としてその目的が忘れられない美しい映画は、陰謀と聴衆の興奮です。最終的な映像が導く啓示には素敵な驚きがあります。
●STREAMIN
いくつもの類似した作品を観てきましたが、特にこの物語は本当にショッキングなものでした! アガサ・クリスティ原作「ねじれた家」というのは著書としては複数のクラシックのうちのイチ構成員みたいなものですが、好きな人の多い支持者数でみれば数の問題ではなく、熱意が凄いものです。なので下手なことはできません。そして今作は明らかに上手くやっています。脚本はダウントン・アビーのジュリアン・フェロウズという点で外れはないのです。