オレの獲物はビンラディン

オレの獲物はビンラディン

狂ったオヤジの仰天の実話

ニコラス・ケイジが『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のラリー・チャールズ監督とタッグを組み、2010年にビンラディン誘拐を企てた容疑でパキスタン当局に拘束されたアメリカ人の実話を映画化。コロラド州の田舎町で暮らす愛国主義の個性が強い中年男ゲイリーは、同時多発テロの首謀者とされるオサマ・ビンラディンの居場所を政府がいまだに見つけられないことに怒りを募らせていた。そんなある日、彼は日課の人工透析中に神からの啓示を受け、自らの手でビンラディンを捕まえることを決意。すぐに行動に出た彼は、パキスタンへの入国手段となるヨットを探し出して武器の日本刀を調達し、様々な波乱を乗り越えてついにパキスタンにたどり着くが…。

原題:Army of One / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年12月16日 / 上映時間:92分 / 製作会社: / 配給:トランスフォーマー

★【スタッフ】
監督:ラリー・チャールズ(関連作品:『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』)
脚本:ラジーブ・ジョセフ、スコット・ロスマン
撮影:アンソニー・ハードウィック
音楽:デビッド・ニューマン

★【キャスト(キャラクター)】
ニコラス・ケイジ(ゲイリー・フォークナー)、ラッセル・ブランド(神)、ウェンディ・マクレンドン=コービー(マーシ・ミッチェル)、レイン・ウィルソン(CIA職員シモンズ)、デニス・オヘア(CIA職員ドス)、マシュー・モディーン(ロス医師)、アメール・チャダ・パテル、ポール・シェアー、アドリアン・マルティネス

【無料動画】

オレの獲物はビンラディン – 映画予告編

(C)2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.0/1027%43
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.7/5.03.23/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月10日) 
そんなアホな!というような実話を映画化した本作ですが、ドラマ的な笑いよりもまず一番の爆笑ポイントは主演があのニコラス・ケイジだということである。名優がバカ全開で振り切っていて、とことんしょうもないことをしまくる。情けないブリーフ姿とか、ヤバい奴でしかない。たった1人でアメリカ同時多発テロの首謀者とされるオサマ・ビンラディンに挑んだ男の姿を見事に体現しているので、俳優としては凄いが、それで本当にいいのかと心配。
SPACEMOV (2016年1月18日) 
ニコラス・ケイジのマシンガントークのインパクトが楽しい。最近は抑制された演技が多かったので尚更です。実話ベースゆえの面白さがある一方で、実話ベースゆえのテンポの悪さや盛り上がりに欠ける流れなどがマイナス。そのどちらが上回るかはあなたしだい。ホントに「愛国者の変人がオサマを探してパキスタンへ行く」だけなのでドラマチックな展開なので、その一発ネタでどこまで面白くできるかはそのフォローアップ力に左右されるかも。