アントマン(1作目)

小さすぎるヒーローが爆誕!

「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」など数々のヒーロー映画を成功させているマーベルスタジオが送り出す、体長1.5センチのヒーロー「アントマン」の活躍を描いたアクション作品。仕事もクビになり、養育費が払えないため最愛の娘にも会えない惨めな生活をおくるスコット・ラング。窃盗をしていた昔の仲間とともに再び犯罪に手を染めてしまうしかなかった。そんな崖っぷちのスコットに、謎の男ハンク・ピムから一風変わった仕事のオファーが届く。それは、体長わずか1.5センチになることができる特殊スーツを着用し、「アントマン」になるというものだった。選択の余地がないスコットは渋々ながらもアントマンとなり、人生をやり直すため、トレーニングに汗を流し、鍛えていく。一方で、特別な力を求めて悪が暗躍していた。

原題:Ant-Man / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2015年9月19日 / 上映時間:117分 / 製作会社:Marvel Studios / 配給:ディズニー / 製作費:1億4000万ドル / 興行収入:5億2000万ドル / 次作:『アントマン&ワスプ

【無料動画】

映画『アントマン』予告編

(C)Marvel 2015


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

作品が出るたびに人気がどんどん上がっていくシリーズであるマーベル映画。話がつながっているので可能な限り全て観てしまいたいのですが、なるべくお得に観るにはどうすればいいのか。そんなときは動画配信サービスがベストです。無料のお試しキャンペーンを用いることで、設定された期間は無料で作品動画を視聴できます。その期間内に退会すれば、料金を請求されることはもちろんありません。解約自体の作業は面倒くさいものではなく、数ステップで終わるので安心してください。なかにはマーベル作品を一気に配信しているものもあるので、最新作公開のタイミングなどはとくにチェックをしましょう。

動画配信サービスはたくさんありますが、では自分の見たい作品を配信しているのはどれなのか。そんな悩みについては、このページが解決の手助けになります。フリムビ2では各作品ごとに個別に配信しているVODを紹介しています。整理しているVODはちゃんと作品ごとに合わせたものになっており、安易に同じVODだけをごり押しするようなことはしていません。あなたに合ったサービスを探して見ましょう。

『アントマン』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ペイトン・リード(関連作品:『イエスマン“YES”は人生のパスワード』)
原案:エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ
脚本:エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ、アダム・マッケイ、ポール・ラッド
撮影:ラッセル・カーペンター
音楽:クリストフ・ベック

★【キャスト(キャラクター)】
ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、エバンジェリン・リリー(ホープ・ヴァン・ダイン)、コリー・ストール(ダレン・クロス)、ボビー・カナベイル(パクストン)、マイケル・ペーニャ(ルイス)、ティップ・“T.I.”・ハリス(デイヴ)、ウッド・ハリス(ゲイル)、ジュディ・グリア(マギー)、デビッド・ダストマルチャン(カート)、マイケル・ダグラス(ハンク・ピム)、アビー・ライダー・フォートソン(キャシー)、アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)、ヘイリー・アトウェル(ペギー・カーター)、ジョン・スラッテリー(ハワード・スターク)、マーティン・ドノバン(マイケル・カーソン)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.3/1082%64
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.97/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
こんなにも愉快で、何よりも身近なアメコミ映画があっただろうか。今までのアメコミは話が壮大過ぎた部分もあったが、今作ではファミリードラマに収まっているので安心だ。MCUで一番娯楽作品としてクオリティが高いのは本作じゃないかと思うくらいの王道さで「楽しい」の一言に尽きる。ケイパーものとしてもヒーローものとしても無駄のないタイトな構成が複雑な世界観を気にすることなく楽しめる、シンプルなストーリーが一番の魅力だ。
●映画フリー 
今作のヴィランはなかなか純粋に正統派な悪役やってて嫌いじゃない。科学者のはずなのに最後は自分でスーツを着て戦うという肉弾戦法もいいじゃないですか。サイズ変化という設定からして、日本の特撮っぽく、そこの相性も良かったのかな。勝手なイメージでは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」みたいに軽い感じかと思っていたのですが、そこまでお気楽ではなく、中身のドラマはかなりしっかりしている、泣ける親子ドラマでした。
●OPENLOAD 
愉快で最高! アリの特性をフル活用で攻め込む作戦やアタッシュケース内の戦闘がアントマンならでは。普段は何気ないおもちゃでも小さくなると怖いという、トーマスのインパクトは痛快。宇宙最強の戦士ファルコンが無職の泥棒とのタイマンの末に敗北してしまうという、明らかにファルコンの貫禄ゼロなのですが、そこも許してしまう面白さ。「キャプテンには内緒にしてくれ」というお茶目なセリフも聞けたし、大満足なのですけども。
マーベル

★【マーベル・シネマティック・ユニバース 作品を総復習!】
フェイズ1
・『アイアンマン』(2008年)
・『インクレディブル・ハルク』(2008年)
・『アイアンマン2』(2010年)
・『マイティ・ソー』(2011年)
・『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
・『アベンジャーズ』(2012年)
フェイズ2
・『アイアンマン3』(2013年)
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
・『アントマン』(2015年)
フェイズ3
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
・『ドクター・ストレンジ』(2016年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
・『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)
・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
・『ブラックパンサー』(2018年)
・『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
・『アントマン&ワスプ』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする