パーティで女の子に話しかけるには

パーティで女の子に話しかけるには

ボーイ・ミーツ・ガールの新たなる傑作、誕生!

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督が、エル・ファニングとトニー賞受賞の若手実力派アレックス・シャープを主演に迎え、遠い惑星から来訪した不思議な美少女と内気なパンク少年の恋の逃避行を描いた刺激的青春ラブストーリー。1977年、ロンドン郊外。大好きなパンクロックだけを生きがいに日々を生活する冴えない少年エンは、偶然もぐり込んだパーティで、奇妙な魅力を持つ美少女ザンと出会う。エンは、地球の常識が通用しないものの、好きな音楽やファッションの話に共感してくれるザンと一瞬で恋に落ちる。しかし、2人の時間は永遠に続くことはなく、その許された時間は48時間だけだった。大人たちが決めたルールに従う必要はないと、二人は反旗を翻すべく、大胆な逃避行に出る。

原題:How to Talk to Girls at Parties / 製作:イギリス・アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年12月1日 / 上映時間:103分 / 製作会社:HanWay Films / 配給:ギャガ

【無料動画】

映画『パーティで女の子に話しかけるには』予告編  12月1日(金)公開

© COLONY FILMS LIMITED 2016


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

一風変わった人間ドラマを楽しみたいなら独特な世界観を持つ映画を満喫してはどうでしょうか。動画配信サービスにはそんなユニークな作品を多数取り揃えています。今では人気も上昇し、ブームというよりは当たり前の鑑賞方法のひとつとして身近になりました。利用者数は増加しているので、今後もさらなる進化を期待できます。まだ利用していない人は今からでも遅くないです。楽しい映画鑑賞をエンジョイしましょう。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「パーティで女の子に話しかけるには」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『パーティで女の子に話しかけるには』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル(関連作品:『ラビット・ホール』)
脚本:フィリッパ・ゴスレット、ジョン・キャメロン・ミッチェル
撮影:フランク・G・デマルコ
音楽:ニコ・マーリー、マトモス

★【キャスト(キャラクター)】
エル・ファニング(ザン)、アレックス・シャープ(エン)、ルース・ウィルソン(PTステラ)、マット・ルーカス(PTワイン)、ニコール・キッドマン(ボディシーア)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.9/1046%48
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.4/5.03.27/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
多くの人はこの映画を観ても「意味不明」で終わるはず。しかし、ある一定のピンポイントな層にはこの映画の魅力がダイレクトに心臓に直撃するはずだ。異文化交流と異分子交流を象徴的に、かつアレンジ効かせすぎたほどの勢いで魅力的に描いた怪作として、これはオールタイムベストで記録する人もいるだろう。摩訶不思議な設定は個人の世界観をそのまま投影し、それが一部の人生にグサグサと刺さってくる。すっかりメロメロになってしまった。
●FANDANGONOW  
パンクと宇宙人…全く異なるものと邂逅であり、これはただの恋愛ものではないし、普通のSFでもない。なのでこの作品自体をどう受け止めればいいのかわからないという人はそれはそれでいいのだと思う。主人公含む男3人組はまさに青春の象徴みたいな感じで、こういうタイプのジュブナイルだってある。青春のかたちは個人によって違うもの。これがハマる人もいるということだけは知ってほしい。とりあえずエルファニングは可愛いという真理。