ジャスティス・リーグ

ジャスティス・リーグ

超人が集えば世界も救える!DCヒーロー集結!

バットマンやワンダーウーマンなど、DCコミックのスーパーヒーローが結集して巨悪と戦う超人的アクション超大作。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で描かれた、自らの命を賭して地球の危機を救ったスーパーマンの行動によって、人類への信頼を取り戻したバットマンが、迫りくる強大な敵に立ち向かうため、ワンダーウーマンとともに新たな仲間を探していく。そうして集まったのは、バットマン、ワンダーウーマンに加え、アクアマン、サイボーグ、フラッシュという、いずれも一筋縄ではいかない個性の強い超人たち。バットマンはなんとか彼らをまとめあげ、地球崩壊の危機に立ち向かわなければならないが、簡単には上手くはいかない。アトランティス、セミッシラ、S.T.A.R.ラボ)に存在する「マザーボックス」を手に入れようとするステッペンウルフとその手下パラデーモンによる脅威を向かえ撃つことはできるのか。

原題:Justice League / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年11月23日 / 上映時間:121分 / 製作会社:DC Films / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:3億ドル / 興行収入: / 前作:『ワンダーウーマン

★【スタッフ】
監督:ザック・スナイダー(関連作品:『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)
製作総指揮:クリストファー・ノーラン、ベン・アフレック
脚本:クリス・テリオ、ジョス・ウェドン
撮影:ファビアン・ワグナー
音楽:ダニー・エルフマン

★【キャスト(キャラクター)】
ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カビル(クラーク・ケント/スーパーマン)、ガル・ギャドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)、エズラ・ミラー(バリー・アレン/フラッシュ)、ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、レイ・フィッシャー(ビクター・“ヴィグ”・ストーン/サイボーグ)、エイミー・アダムス、ジェレミー・アイアンズ、ダイアン・レイン、コニー・ニールセン、J・K・シモンズ

【無料動画】

映画『ジャスティス・リーグ』予告編映像

映画『ジャスティス・リーグ』予告編映像

Go Behind the Scenes of Justice League (2017)

Go Behind the Scenes of Justice League (2017)

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.0/1040%45
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.03.96/5.003.8/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
76%79点76.2点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【雑学(トリビア)】
・追加撮影中の2017年5月にザック・スナイダーが監督を降板すると発表され、残りの作業の指示はマーベルのアメコミ映画である『アベンジャーズ』などを手掛けたジョス・ウェドンが監督を継いだ。

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年12月10日) 
DCコミックのオールスター映画「ジャスティス・リーグ」。新メンバーの参加でチームの掛け合いが幅広く面白くなった。特にフラッシュの参加が大きい。明らかに明るくなりました。今回の敵であるステッペンウルフは、ジャスティス・リーグでのラスボスであるダークサイドの手下の1人なので、強さとしては中ボスくらい。だからこれからどんどん強い奴が現れてくるはず。そんな強豪とどのように立ち向かっていくのか、楽しみでしょうがありません。
無料ホームシアター(2017年12月13日) 
前半は各キャラクターの特殊能力の説明や結集する背景を兼ねてて初めてでも安心仕様。過去作をみていなくてもなんとなく伝わってくるので問題なし。バットマンがバットマンであるがゆえに1人沈殿してる感じが一周回って笑えてきてしまう。これを観ると、ああ、コイツがいじられてこそ輝くんだなと実感できる。ザック・スナイダー監督が途中離脱し、ジョス・ウェドンが追加撮影を行うことになったが、何も問題のないクオリティでした。
SPACEMOV (2017年12月17日) 
最初からバトルシーンが織り込まれており、これぞヒーロー映画という感じです。ストーリーも難しくなく、所々緊迫したバトルシーンの中に笑い要素も入っており退屈しません。とくにアクアマンの水中戦は他にはない感じなので、フレッシュですよね。そして何と言ってもあのマントの男です。あの野郎、強すぎるだろう。ワンダーウーマンは、完全に問題児をまとめるお母さんでした。このメンツの面倒を見るのは相当な苦労ですけど、頑張って。
DC

★【DCエクステンデッド・ユニバース 作品を総復習!】
・『マン・オブ・スティール』(2013年)
・『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)
・『スーサイド・スクワッド』(2016年)
・『ワンダーウーマン』(2017年)
・『ジャスティス・リーグ』(2017年)
・『アクアマン』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする